1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 東京大学(1)

東京大学のニュース一覧

カニアナヤブカの成虫。(画像:東京大学発表資料より)

カニアナヤブカは魚から吸血する蚊の一種である。 03/12 08:34

東京海上ホールディングス(以下、東京海上HD)が、自前でデータサイエンティストの育成を宣言した。 03/04 21:18

もしLINEを利用するのに費用がかかった場合、「いくらまでなら支払うか」、また「いくら貰えるならLINEの使用をやめるか」を訪ねたアンケート調査を行なったところ、前者の平均は9,005円、後者の平均は約294万円という結果になったそうだ。 03/02 21:59

食料分野に関わる気候変動影響連鎖(写真:国立環境研究所の発表資料より)

国立環境研究所らは2月28日、気候変動の影響に関する文献の網羅的な調査から、気候変動が及ぼす影響の連鎖を可視化することに成功。 03/02 19:17

東京大学などの研究チームが、人間の膵臓をブタの体内で育てる研究を2019年度にも始めるという。 02/22 22:55

桜島山頂の火口から桜島直下のマグマ溜まり(写真:東北大学の発表資料より)

東北大学は14日、東京大学、京都大学、産業技術総合研究所(産総研)との共同研究で、桜島火山の有史に発生した3度の大規模噴火(1471年、1779年、1914年)の前駆過程を突き止めたと発表した。 02/15 20:42

スマートメーターを使って電気使用量を取得し、それによって在宅か不在かを判断することで宅配便の不在時配達を防ぐという技術が開発されている。 02/13 23:24

原始惑星系円盤の模式図。スノーライン付近の有機分子が放つ電波をアルマ望遠鏡が捉えた。 (c)  国立天文台

国立天文台は5日、アルマ望遠鏡を使って「オリオン座V883星」と呼ばれる若い星を取り巻くガスと塵の円盤を観測し、多数の有機分子を発見したことを発表した。 02/07 08:52

IoT機器からクラウド環境への通信量を大幅に削減(写真:NECの発表資料より)

NEC、東京大学、NTT、早稲田大学は24日、IoT共通基盤を共同で開発し、IoT(モノのインターネット)機器と共通基盤間における重要通信保護に関する実証実験を2018年12月中旬から中国地方で開始すると発表した。 01/25 17:24

「Ari Kiri note」の仕組み。(画像: ExPAの発表資料より)

ExPA(東京都渋谷区)は、学生の挑戦を支援するメディアである「Ari Kiri media」に続く学生向けサービスのβ版を開始した。 01/21 11:50

今回公開された軟X線光子のデータを使用して描かれた太陽コロナの全面画像。これまでにない新しい手法で描かた太陽像となる。(c) FOXSI-3 team

国立天文台などの研究チームは15日、観測ロケット「FOXSI-3」により取得した太陽から放射される詳細な軟X線データを公開した。 01/15 20:10

東京大学や北海道大学、京都大学の研究者らが、薬物投与によって「忘れてしまった記憶」を思い出させるようになるという研究結果を発表した。 01/10 09:22

切り取り可能なワイヤレス充電シート(東京大学発表資料より)

東京大学では、スマホなどのワイヤレス充電システムに使える給電シートで、好きな形に切り抜いて、家具や衣服に張り付けられるワイヤレス充電シートを開発した。 01/08 11:52

システムのを使ったときと(右側)、人が判断したときの配送ルートの違い。赤色が不在配達だったルートで、システムを使うと、再配送がなくなる結果に(日本データサイエンス研究所の発表資料より)

東京大学大学院情報学環の越塚登教授らでつくる産学共同の研究チーム「不在配送ゼロ化AIプロジェクト」は24日、各戸に設置されたスマートメーターのデータを使い、AI(人工知能)が宅配便の不在配送ができるだけ出ないように配送ルートを設定するシステムを開発したと発表した。 12/25 07:07

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告