1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 東京大学(1)

東京大学のニュース一覧

製品化されたシステムのイメージ。(画像: ティアフォーの発表資料より)

自動車運転教習所は指導員の高齢化などにより人材不足が発生しており、長期に渡る予約待ちが問題となっている。 05/15 09:53

カルシウムイオン(Ca2+ )制御タンパク質であるNa+/Ca2+交換輸送体 (NCX)を、あらゆる生物の体内時計に共通して働く因子と位置付けた研究の概念図(東京大学の発表資料より)

東京大学と名古屋大学、福岡大学の研究グループは6日、哺乳類から昆虫、細菌などあらゆる生命の体内時計に共通して働く因子として、カルシウムイオン(Ca2+)制御タンパク質であるNa+/Ca2+交換輸送体(NCX)を発見したと発表した。 05/07 08:46

ルビコス(Rubisco)とアクチベース(RCA)の二重形質転換体イネの植物成長量。25度と40度において75日間栽培した後に、地上部の乾燥重量を解析した。二重形質転換体イネの地上部乾燥重量は、野生型イネに比べて、25度では同程度であったが、40度では有意に高かった。(画像: 東京大学の発表資料より)

地球温暖化や爆発的な人口増加が進む現在では、安定した食糧の供給は人類にとって非常に重要な課題となっている。 04/30 07:53

SATORI法によるウイルスRNAのデジタル検出原理(画像: 理化学研究所の発表資料より)

新型コロナウイルスに対抗するため、治療法、予防法、診断法についての研究が世界中で行われている。 04/26 16:53

理化学研究所や東京大学の研究チームは19日、5分以内というごく短時間で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)由来のウイルスRNAを「1分子」レベルで識別可能とする技術の開発に成功したと発表した。 04/20 17:58

東大のグループが新型コロナ感染者数の急増の予兆を検知する数理モデルを構築

新型コロナウィルス感染症の流行は第3波が十分収束する前に感染力を増した変異型の流入で既に第4波とも呼べる広がりを見せている。 04/08 08:29

心臓マクロファージが分泌するアンフィレグリンが心臓突然死を防いでいる仕組み。(画像: 発表資料より)

突然死とは、怪我など外部からの原因以外の症状が起こってから、24時間以内に死亡することをいう。 04/03 09:08

東京大学は24日、Web上での簡単なテストでアルツハイマー病を予測するアルゴリズムを開発したと発表した。 03/25 16:41

渦巻管の形成過程を比較した研究(画像: 東京大学の発表資料より / イラスト:小笠原恵)

東京大学と筑波大学でつくる研究チームは8日、コウモリは共通祖先が飛行能力を獲得した後に、分化した系統種が超音波利用能力を獲得したとする研究成果を発表した。 03/14 08:01

harutakaエントリーファインダーイメージ(画像:キリンホールディングス発表資料より)

キリンホールディングスは5日、2022年卒の新卒採用において「エントリー動画選考でのAI活用の実証実験」を実施すると発表。 03/06 08:12

赤色巨星でのライン強度比と温度の間の関係(画像:東京大学の発表資料より)

オリオン座のベテルギウスは、最も有名な赤色巨星であり、超新星爆発の時期がまじかに迫っているのではないかと、ささやかれている存在である。 03/03 07:50

東京大学が学校内用に新型コロナウイルスの感染対策アプリを開発したそうだ。 03/02 17:39

インターネットアーカイブ (Internet Archive) が、東京大学総合図書館と提携したそうだ。 02/25 08:39

信ずタコロナウイルス感染患者におけるSARS-CoV-2に対する抗体価の変動(画像: 東京大学の発表資料より)

現在世界中で流行している新型コロナウイルス感染症について、感染した患者の抗体が維持されるかどうかは収束に向けて重要な知見である。 02/14 08:12

2019年1月のベテルギウスの表面(左上)と2019年12月のもの(右上)。下図はベテルギウスの明るさの変化を示す(画像:Kavli IPMUの発表資料より (c) ESO/M. Montargs et al. (c) L. Molnár, AAVSO, UCSD/SMEI, NASA/STEREO/HI)

オリオン座に属する恒星「ベテルギウス」は2020年初めに大幅な減光が確認され、超新星爆発を起こすのではないかと考えられていた。 02/09 08:15

第一三共、研究開発費の増加、「エンハーツ」に係る費用増等により3Qの営業利益は前年比-42.5%

齋寿明氏:齋でございます。 02/06 15:31

酸素の電子を使っても熱としてエネルギーを失うことなく、電気エネルギーを蓄えられる電極材料Na2Mn3O7のイメージ図(東京大学の発表資料より)

東京大学工学系研究科の研究チームは1月29日、酸素の電子を使っても熱としてエネルギーを失うことなく、電気エネルギーを蓄えられる電極材料を発見したと発表した。 02/01 07:55

銀河中心ブラックホールを取り巻くガスの時間進化。上段にガスが剥ぎ取られる場合、下段はガスが生き残る場合(画像: 東京大学の発表資料より)

東京大学は26日、銀河の中心にあるブラックホールの活動に及ぼす銀河どうしの衝突の影響に関する、興味深い研究結果を公開した。 01/30 09:33

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告