ハワイの「すばる望遠鏡」、探査機「はやぶさ2」が向かう小惑星を撮影

2015年6月5日 17:00

小

中

大

印刷

記事提供元:sorae.jp

ハワイの「すばる望遠鏡」、探査機「はやぶさ2」が向かう小惑星を撮影(Image credit: 国立天文台)

ハワイの「すばる望遠鏡」、探査機「はやぶさ2」が向かう小惑星を撮影(Image credit: 国立天文台)[写真拡大]

写真の拡大

 国立天文台は6月4日、ハワイのマウナケア山の頂上にある「すばる望遠鏡」が撮影した、小惑星1999 JU3の写真を公開した。小惑星1999 JU3は、昨年12月に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ2」の目的地としても知られる。

 この写真はハワイ現地時間2015年5月20日の早朝に撮影されたもので、当時、1999 JU3は地球からおよそ2億4000万km(1.61天文単位)離れた距離にいたという。明るさは22.3等ほどと非常に暗かったものの、すばる望遠鏡が持つ高い性能によって、その姿を写し出すことに成功した。

 1999 JU3は1999年に発見された地球近傍小惑星で、大きさは1km弱と見られている。2014年12月3日に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ2」の行き先の小惑星としても知られている。

「はやぶさ2」は打ち上げ以来、順調に宇宙空間を航行し続けており、現在は今年12月3日に予定されている、地球の重力と公転速度を使って、軌道と速度を変える地球スイングバイの実施に向けて、イオン・エンジンを噴射し続ける運用が行われている最中にある。

 観測を行ったハワイ観測所の寺居剛さんは、発表文の中で「観測時は明け方のうえ雲が多く、条件はあまり良くなかったのですが、1999 JU3が放つ微かな光をはっきり捉えることができました。この小惑星はどのような素顔を我々に見せてくれるのでしょうか?そしてそれはどのような太陽系の歴史を教えてくれるのでしょうか? 『はやぶさ2』の探査を心待ちにしています」と語っている。

■トピックス - 「はやぶさ2」が向かう小惑星、すばる望遠鏡が撮影 - すばる望遠鏡
http://subarutelescope.org/Topics/2015/06/04/j_index.html

【関連記事】
NASA、通算10000個目の地球近傍天体を発見
NASA、地球に脅威をもたらす全ての小惑星の発見に協力を呼びかけ
大型の地球近傍小惑星「1998 QE2」が今日最接近、NASAが画像を公開
大型の地球近傍小惑星「1998 QE2」、5月31日に地球最接近
NASA、地球近傍小惑星「2012 DA14」を撮影

関連キーワードNASA国立天文台すばる望遠鏡

広告

写真で見るニュース

  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • アルマ望遠鏡が撮影した、巨大原始星「G353.273+0.641」。原始星周囲のコンパクトな構造を赤、円盤を黄、その外側に広がるガス(エンベロープ)は青として疑似カラー合成されている。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Motogi et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース