NVIDIA、時価総額でインテル抜き半導体メーカーでは世界3位に

2020年7月13日 16:41

GPUメーカーのNVIDIAの時価総額が8日、CPUメーカーのIntelの時価総額を初めて抜いたそうだ。8日終値ベースだとNVIDIAの時価総額は2513億ドル(約26兆9400億円)。同じ日の時価評価額ベースのインテル(2481億ドル)を超えたことになる。これによりNVIDIAは、時価総額ベースでは、世界第3位の半導体メーカーになったそうだ。

NVIDIAはAI関係の事業や新型コロナウイルスの影響によるデータセンター、クラウド需要の増加で堅調に成長している。一方、Intelは売上高ではNVIDIAの6.6倍はあるものの、AppleのMac製品のCPU乗り換えやデータセンター向け用途でもNVIDIAやAMDに追われており、今のところIntelに追い風となる要素は見当たらない。こうした複数の要因から、Intelの株価はこの1か月で約7%ほど下げているという(Bloomberg日経新聞)。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 人工知能 | Intel

 関連ストーリー:
CPUアーキテクトのジム・ケラー氏、Intelを退職 2020年06月16日
NVIDIA Research、ゲームのルールを学習したAIによるゲームの自動生成手法を使ってパックマンの自動生成に成功 2020年05月25日
NVIDIA、TSMCの5nmプロセス製造枠確保でAMDに先行 2020年05月15日
ARM曰く「次世代プロセッサーでインテルを追い抜く」 2018年08月20日
ARMが新コア「Cortex-A76」(Enyo)を発表、「Skylakeの9割」の性能があると主張 2018年06月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

スラド

関連キーワード

IntelNVIDIA半導体新型コロナウイルス