1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 家庭・家族(4)

家庭・家族のニュース(ページ 4)一覧

rss
サイレントカードの設置イメージ(一蘭の発表資料より)

ラーメンを誰の目も気にせず楽しんでもらうためにカウンター席に暖簾と仕切りを設置している天然とんこつラーメン「一蘭」。 06/06 07:58

内閣府「平成28年版高齢社会白書」の発表によると、現在日本は国内人口の26.7%が65歳以上の高齢者であり、4人に1人が高齢者という超高齢化社会を迎えている。 05/30 08:33

ベビカムの調査によると、赤ちゃんが好きな食材は「かぼちゃ」や「さつまいも」など。一方、嫌いなものは「肉」「魚」など。甘くて柔らかいものが食べやすいのが人気で、噛み切れないものが苦手だという傾向がある。

赤ちゃんもグルメ。 05/27 21:12

認知症高齢者は年々増加し、2015年時点で約500万人、2025年には約700万人に増加すると推計されており、日常生活の金銭管理にも支援を必要とする人が今後増加してくると考えられる。 05/21 17:43

2年連続で「待機児童ゼロ」を達成している千葉県松戸市。駅に小規模保育施設を整備したり、送迎保育によって地域偏在を是正したりするなど、子育て世代に優しい環境を整えている。

2016年の流行語大賞でも話題になった「待機児童」。 05/10 08:38

ベビカムが行った「スマホと育児」の調査結果によると、0~7歳児の7割がスマホを使っていることがわかった。

妊娠・出産・育児情報サイトを運営するベビカムは、乳幼児の子育てでスマホをどのように使っているかを調査するために「スマホと育児」についてのアンケートを実施。 04/17 07:36

既に旧聞となってしまったが、アイスランドの研究チームがより多くの時間を教育に費やす傾向のある遺伝子群が減少傾向にあるという研究結果を発表した。 04/11 07:47

なお、デジタルネイティヴ世代だが、スマートフォンはともかく、パソコンの使用経験率は意外に低いというデータもある。

妊娠・出産・育児情報サイト「ベビカム」を運営するベビカム社が実施した調査によって、0歳から6歳までの子どもに「スマートフォンを見せたことがある」親の割合は約7割であり、また約9割の家庭においてスマートフォンの使い始めは2歳かそれ以前である、ということが明らかになった。 03/19 08:08

消費者庁は15日、2010年から2014年までの5年間で、子供(14歳以下)の窒息死事故623件のうち、食品による窒息死事故が17%、103件あったと発表した。 03/16 09:23

日清オイリオグループが行なった食物アレルギーに関する実態調査に対して、食物アレルギーと診断されている乳幼児を持つ母親の約7割が「離乳食づくりに悩みを持っている」と回答した。母親の負担を減らす取り組みが必要だ。

日清オイリオグループが行なった食物アレルギーに関する実態調査に対して、食物アレルギーと診断されている乳幼児を持つ母親の約7割が「離乳食づくりに悩みを持っている」と回答した。 03/12 23:08

消費者庁は、子どもが歯磨き中に歯ブラシで喉を突いてしまう事故が増えているとして、注意喚起した

消費者庁は、子どもが歯磨き中に歯ブラシで喉を突いてしまう事故が増えているとして、注意喚起を出した。 03/12 18:39

高齢者人口の増加により、医療・福祉サービスにかかる費用の増大及び生産年齢人口の割合の減少が見込まれ(2015年:高齢者と生産年齢人口の比率が1対2.3、20年:同1対2.0)、財源不足により将来的なサービス規模の縮小や料金引き上げも懸念されている。

高齢者人口の増加により、医療・福祉サービスにかかる費用の増大及び生産年齢人口の割合の減少が見込まれ(2015年:高齢者と生産年齢人口の比率が1対2.3、20年:同1対2.0)、財源不足により将来的なサービス規模の縮小や料金引き上げも懸念されている。 03/01 16:36

消費者庁は、家庭の浴槽で子どもが溺れたという報告が医療機関より寄せられているとして、注意喚起を出した。親が洗髪のために1分ほど目を離した隙に起こったといい、過去にも類似の事例が数多く報告されている。わずか20センチの水深での事故例もある。

消費者庁は、家庭の浴槽で子どもが溺れたという報告が医療機関より寄せられているとして、「子ども安全メールfrom消費者庁」にて注意喚起を出した。 02/12 18:58

九州大学大学院人間環境学研究院の橋彌和秀准教授らの研究グループは、生後9カ月から1歳半の赤ちゃんを対象として、映像を見ている際の視線を計測する視線計測装置(Tobii TX300)を用いて、画面に現れた2人のうち一方だけが対象に視線を向け、他方がそのことに「気づいていない」場面を見せると、「気づいていない」人物にすばやく視線を向ける傾向が、生後1歳半時点で見られるようになることを明らかにした。 01/23 11:58

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ進む

広告

広告