ホーム > ニュース一覧 > 船舶・航空業(9)

船舶・航空業のニュース(ページ 9)

世界最大級の航空機「Airlander 10」、量産スタート

全長91メートルという、世界最大級の航空機「Airlander 10」が商用生産段階になっているそうだ。
01/18 16:24

ANA、念願のロシア路線開設か 2019年度中にも

1月14日付日本経済新聞によれば、ANAホールディングスはロシア路線に参入する方針を決めたという。
01/15 11:38

中部国際空港でしか見られない大型輸送機「ドリームリフター」

ボーイング747-400LCFは「ドリームリフター」と呼ばれ、中古のボーイング747-400を改修・改造したもの。
01/15 08:21

超音速旅客機の夢、遥か(3) 立ちはだかる「燃費の壁」には「ファン」の風に乗って解決

ボーイング・707、ダグラス・DC8の競合の時代、続いて登場したボーイング・B727、ダグラス・DC-9ぐらいまででは、燃費で運行コストが掛かり、短距離に進出するには苦しかった。
01/14 21:40

超音速旅客機の夢、遥か(2) 立ちはだかる「熱の壁」には、ゴルフでおなじみチタンだ

マッハ2.5を超えるころから、ジュラルミンでは耐えられない熱の上昇がみられる。
01/14 21:21

超音速旅客機の夢、遥か(1) 立ちはだかる「音の壁」は女性の「腰のくびれ」で乗り切った

日本航空(JAL)は2017年12月、アメリカのブーム・テクノロジー社に1,000万ドル(約11億円)を出資し、同社が製造する超音速輸送機に関して、20機の仮契約を結んだ。
01/14 17:17

JAL、コンコルドの夢再び 超音速旅客機の現状と今後の展望

日本航空(JAL)は2017年12月、超音速旅客機を開発する米国のブーム・テクノロジー社(本社:コロラド州)に1,000万ドル(約11億円)を出資し、最初の20機を優先的に発注できる権利を獲得している。
01/10 10:58

ボーイングとエアバスは何を争っているのか(3) スピードとは【乗り換えなしの直行便】だ

その当時、ボーイング・B747が登場し、その後ダグラスは消え去った。
01/09 11:26

ANAとJAL、相次いでバイオ・ジェット燃料の購入を発表

ANAは7日、サンフランシスコ国際空港で供給されるバイオ・ジェット燃料購入を決定したと発表した。
01/09 08:28

ボーイングとエアバスは何を争っているのか(2) スピード争いの終焉

しかし、戦中からジェット機の開発は始まっており、ドイツ・メッサーシュミットMe262が世界初の実用機であり、日本も大戦中それに続いていた。
01/07 21:50

福岡空港、4月に民営化 路線拡大目指す

1月7日付西日本新聞は、『4月に民営化される福岡空港の新しい運営会社「福岡国際空港」が、2023年までに米サンフランシスコ線誘致を計画していることが分かった』と報じている。
01/07 21:42

ボーイングとエアバスは何を争っているのか(1) ハブ空港、すなわち国家経済発展を争う

現在、ボーイングとエアバスが旅客機のシェア争いを行っている。
01/07 21:22

Airline Ratings、2019年版の安全な航空会社発表 JALがトップ20外れる

航空各社の各種サービスをランキングする「Airline Ratings」は、2019年版の安全な航空会社トップ20を発表した。
01/07 09:12

航空機業界の両雄 ボーイングとエアバスの果てしなき戦い

2018年7月、ボーイングとエアバスの両社は相次いで小型航空機メーカーを買収した。
01/03 17:07

那覇空港、国内線も施設利用料を徴収へ 空港でかかる費用とその内容は?

那覇空港は、12月28日の国土交通省の上限申請認可を受け、国内線の利用客からも旅客取扱施設利用料(PFC)を徴収すると発表した。
12/29 21:39

ANA、オーストラリア・パースへ新規就航 19年9月より 45都市目

全日空(ANA)は26日、2019年9月1日より、日系航空会社としては初めて成田からオーストラリア西海岸のパースへ就航すると発表した。
12/27 13:51

エアアジア・ジャパン、中部‐台北に2019年2月就航 初の国際線

エアアジア・ジャパンは20日、2019年2月1日より、中部国際空港‐台湾・台北(桃園)間に就航すると発表した。
12/23 10:31

ホンダジェット、日本国内で初納入 既に10機以上を受注

小型ビジネスジェット「ホンダジェット」がいよいよ国内で引き渡しを開始する。
12/21 16:44

九州の航空3社とANA・JALで有限責任事業組合設立へ 系列超えた協業促進

国土交通省航空局は18日、「地域航空の担い手のあり方に係る実務者協議会」の検討結果報告書を公表した。
12/20 08:55

バニラエア、2019年10月で運航終了 ピーチブランドへ統一へ

格安航空会社(LLC)のバニラエアとPeach Aviationは、両者の経営統合により、バニラエアとしての運航を2019年10月26日(土)で終了すると発表した。
12/18 09:06

関空、「台風21号」による被害検証 第三者委員会が最終報告

新関西国際空港(関空)は11日、『台風21号越波等検証委員会―海象状況と浸水状況の再現―』の最終報告を公表した。
12/12 21:20

JAL、定時到着率で世界1位に 英社が調査

JALは4日、英国FlightGlobal社より、過去5年間(2013年1月~2017年12月)の国内線・国際線を合せた運航実績が最も優れたエアラインに贈られる「Most Consistent Winner」を受賞したと発表した。
12/05 12:15

JAL、シアトル便就航で拡大のアラスカ航空とのコードシェア便を販売開始

JALは3日、2019年3月31日より拡大するシアトルからのアラスカ航空とのコードシェア便の販売を開始した。
12/04 20:20

エアアジアX、福岡-クアラルンプール線に就航へ 週4便で運航

マレーシアに本拠地を置く格安航空会社のエアアジアは、同社グループ会社で長距離路線を担当しているエアアジアXが、2019年2月28日(福岡発は3月1日)より福岡~クアラルンプール線に就航すると発表した。
11/30 11:23

首相のG20出席にも利用 政府専用機の運用方法とは

防衛省・自衛隊は28日付「お知らせ」において『内閣総理大臣のG20ブエノスアイレス・サミット出席、ウルグアイ及びパラグアイ訪問に当たり、平成30年11月29日(木)から12月4日(火)までの間、政府専用機の運航を実施します』と発表した。
11/29 09:26

前へ戻る   4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14  次へ進む