1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > HV・EV・FCV・エコカー(5)

HV・EV・FCV・エコカーのニュース(ページ 5)一覧

rss
三井不動産と日本電気(NEC)は27日、東京ミッドタウンに国内最多の125台のEV・PHV用充電器を設置し、12月より有料サービスを始めると発表した。写真は設置イメージ。

三井不動産と日本電気(NEC)は27日、東京ミッドタウン(東京・港区)に単一施設としては国内最多の125台の電気自動車 (EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHV)用充電器を設置し、12月より有料サービスを始めると発表した。 06/27 18:06

トヨタが今年中に市販すると発表した新型燃料電池車「FCV」、価格は700万程度だという。

20世紀末から開発を進めてきた燃料電池自動車(FCV/Fuel Cell Vehicle)が俄然現実味を帯びてきた。 06/25 20:11

6月9日に国内発表となった電気自動車の日産製商用車「e-NV200」。価格はバンが388万440円から407万8080円。乗用車のミニバンが462万4560円から478万6560円。写真後方のブルーのクルマは言わずと知れた「リーフ」

日産が、電気自動車(EV)のコマーシャルバン「e-NV200」を世界で初めて発売する。 06/11 10:40

1997年にプリウスがデビューして17年。2000年初頭に比べて近年は年間販売台数が5倍に達している。

今やハイブリッドカーは珍しくもない。 06/09 11:52

トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業(ホンダ)、三菱自動車工業(三菱自)の4社は、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV・PHV)向けの充電用インフラの普及に向け、新会社「合同会社日本充電サービス」を設立した。写真は、トヨタの「プリウスPHV」

トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業(ホンダ)、三菱自動車工業(三菱自)の4社は、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV・PHV)向けの充電用インフラの普及に向け、新会社「合同会社日本充電サービス」を設立した。 06/01 18:06

ロームは、車載用電源のロードロップアウト(LDO)レギュレータIC「BD4xxMxシリーズ」16機種を一挙に開発した

5月21日から23日にかけ、日本最大の複合コンベンションセンター・パシフィコ横浜にて「人とくるまのテクノロジー展」が開催された。 06/01 15:48

東芝は7日、環境省が公募した「平成26年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」において、「EVバス早期普及にむけた充電設備を乗用車と共有するワイヤレス充電バスの実証研究」をテーマとして早稲田大学理工学術院の紙屋雄史教授と共同で提案し、同事業の実証委託先として採択されたと発表した。 05/09 07:26

急速充電器の設置イメージ

ファミリーマートは28日、今夏以降、全国のファミリーマート店舗約500店に電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)用の急速充電器を順次設置すると発表した。 04/28 21:25

日産自動車が富山市と実証運行を行なうトラック「e-NT400テストトラック」。100%電気だけで運航できる。

15日、日産自動車は富山市と100%電気だけで運航できるトラック「e-NT400テストトラック」の実証運行を、同日より開始すると発表した。 04/16 12:40

三井物産は路線バスの電気自動車(EV)化実証事業を開始し、まずイギリスのミルトンキーンズ市で運行を始め、記念式典を行った。 03/12 14:08

増設する急速充電器のイメージ

三菱自動車は5日、首都高速道路で実証調査用に設置してきた電気自動車(EV)向け急速充電器の設置エリアを4月から拡大すると発表した。 03/05 18:55

日産自動車のカルロス・ゴーン社長(左)とブータンのトブゲイ首相(右)(写真提供:日産自動車)

日産自動車は21日、電気自動車(EV)の普及を目指しているブータンに協力することで合意したと発表した。同社がEVや急速充電器を提供し、実証事件を行なうことを検討するという。 02/21 23:30

ホンダの燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」(写真提供:ホンダ)

ホンダは14日、燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」から公共施設へ非常用電力を供給する実験を開始したと発表した。 02/15 15:34

三菱重工業が北九州市の交通システム向けに供給する電気バス

三菱重工業は10日、北九州市が計画するゼロエミッション交通システム向けに電気バス2台を供給すると発表した。 02/10 16:55

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む