ホーム > ニュース一覧 > 企業・産業 > ヤマト運輸(4)

ヤマト運輸のニュース(ページ 4)

ヤマト運輸、アマゾンの「当日配達」からの撤退を検討

「クロネコヤマトの宅急便」を運営する宅配最大手、ヤマト運輸が、インターネット通販大手Amazonの「当日配送」サービスからの撤退を検討している、と各社が報じている。
04/08 11:36

コンビニ受け取りの幅拡大、宅配ロッカー設置へ

宅配業界では通販の増量などに伴う、不在配達の効率化が問題となっている。
03/31 22:55

物流も品質を求める時代に、輸送業界で注目の「データロガ―」とは?

宅配業界最大手のヤマト運輸が今年9月をめどに配送料金を全面的に値上する方向で検討していることを3月7日に発表して以来、同業他社が追随する可能性も含め、個別配達だけでなく、運輸業界全体が揺れている。
03/18 20:46

クロネコヤマト、宅急便の再配達受付時間などを変更

ヤマト運輸は、クロネコヤマトの宅急便の名で同社が運営する宅配便において、4月24日より再配達受付時刻の変更を、また6月中に配達時間帯の指定枠の変更を行うことを公式に発表した。
03/18 12:03

宅配業界が変わるか? ヤマト運輸の値上げと宅配ボックス設置推進

運送会社の宅配サービスが揺れている。
03/18 09:58

ヤマト運輸が宅配便の値上げへ、Amazonなど大口顧客とも交渉

宅配便における配送作業を行う人員の労働環境などが問題になっており、先日はヤマト運輸、長時間労働抑制のため荷受量削減を検討という話もあったが、これに合わせてヤマト運輸は宅配便の値上げも検討していると報じられている(NHK、日経新聞、朝日新聞)。
03/08 08:32

パナソニック、宅配ボックス設置で再配達率が大幅減少の中間報告

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は24日、福井県あわら市で行っている共働き世帯を対象とした「宅配ボックス実証実験」の中間報告を行い宅配ボックス設置で再配達率が49%から8%に減少したと発表した。
02/25 07:23

ヤマト運輸、長時間労働抑制のため荷受量削減を検討

ヤマト運輸が労働組合からの要求を受け、荷受量を抑えることを検討するという。
02/24 18:22

ヤマト運輸労組、宅配総量抑制を要望

宅配便「クロネコヤマト」で5割近いシェアを持つヤマト運輸の労働組合が、2017年の春季労使交渉において、「宅配荷物総量をこれ以上増加させないこと」を要求した、と日本経済新聞などが報じた。
02/23 13:37

日産とDeNAが完全自動運転車の開発で提携、2020年には商業化へ

DeNAと日産自動車は、完全自動運転車の商業化に向けた連携を発表した。
01/14 22:37

宅配ボックス設置で再配達が招く社会的損失を解消できるか 

パナソニックは、一戸建て用宅配ボックス「COMBO」を設置する実証実験を11月にスタートする。
10/22 11:02

パナソニック、あわら市で宅配便の再配達減少を目指す実証実験

パナソニックは18日、福井県あわら市で共働き世帯を対象に宅配便の再配達の減少させる「宅配ボックス実証実験」を11月から開始すると発表した。
10/19 05:46

ヤマト、受取時間帯を登録できる「Myカレンダーサービス」

ヤマト運輸は22日、クロネコメンバーズの利用者を対象に無料の「Myカレンダーサービス」を開始すると発表した。
08/23 05:04

前へ戻る   1 2 3 4