デリバリー事業の構造改革で労働環境を改善するヤマト運輸

2017年5月17日 07:56

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

宅配便が抱えている大きな問題は再配達。ドライバー負担と同時にトラックの走行距離が伸びるためCO2排出量も増加。ヤマト運輸は会員登録したクロネコメンバーズに向けて宅配便を近くのロッカーで受け取る「ロッカー受取りサービス」を開始、再配達削減を図る。

宅配便が抱えている大きな問題は再配達。ドライバー負担と同時にトラックの走行距離が伸びるためCO2排出量も増加。ヤマト運輸は会員登録したクロネコメンバーズに向けて宅配便を近くのロッカーで受け取る「ロッカー受取りサービス」を開始、再配達削減を図る。[写真拡大]

写真の拡大

 ヤマトホールディングス<9064>は中核企業となるヤマト運輸の持続的成長と収益力強化によって企業価値を向上させるための2017年度「デリバリー事業の構造改革」を発表した。

 構造改革の背景にあるのはデリバリー事業を取り巻く経営環境の変化。宅急便取扱量の増加が想定を上回っていることに加えて人件費の高騰や社会保険適用範囲の拡大などコスト面での費用増大などによって事業の持続的成長が困難と判断されたことが構造改革実施の要因となった。

 構造改革の内容は社員の労働環境の改善と整備、宅急便ネットワーク全体の最適化、宅急便の総量コントロールなど 5点。なかでも社員の労働環境の改善と整備は多岐に渡っている。

 労働時間の管理を入退館管理に一本化、顧客からセールスドライバーにかかる直通電話を昼の休憩時間と午後7時以降はサービスセンターに転送する。また社員の長時間労働の一因となっていた配達時間の指定枠を見直し、「20時から21時」を「19時から21時」の2時間枠に変更、また担当区分も6区分から5区分に削減する。

 ヤマト運輸はこれまでにも労働時間の目標は段階的に引き下げられていた。しかし、その労働時間目標に対して想定外だったのが荷物取扱数。16年度は過去最高を記録した15年度の約8パーセント増、約18億7,000万個となる見通しだ。

 この状況を受けてヤマト運輸は大手法人との契約を見直して17年度の取扱荷物数を8,000万個減らすと同時にヤマトホールディングスのグループ従業員を9,200人増やす方針。17年度に比べて163億円増加する社員給料は9月をめどに実施する宅配便の基本運賃値上げを原資にする。

 宅配便取扱個数では第2位となる佐川急便、第3位の日本郵便ともに一般ユーザーが利用する基本料金に関しては値上げに言及していない。しかし法人料金は取引先の個数や自社の経営状況、さらに市場の状況によって相対的に決めている。

 ヤマト運輸が構造改革で打ち出した社員の労働環境の改善と整備は宅配業界全体が抱えている問題だけに、他社も法人料金の改定を見直す可能性は十分にある。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
スマートフォン普及で拡大するネット通販市場
72.2%の企業が人材確保について何らかの取り組みを実施
物流も品質を求める時代に。輸送業界で注目されている「データロガ―」とは?
宅配業界が変わるか? ヤマト運輸の値上げと宅配ボックス設置推進
パナソニックが宅配ボックスの効果を実証 再配達率が49%から8%に減少

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードヤマト運輸値上げ日本郵便

広告

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース