ボルボのニュース一覧

画像はイメージです。

やはり、レベル3自動運転の問題点は「人間とのつなぎ」だ。 10/12 13:12

ボルボ・XC40プラットフォーム(画像: ボルボ・カーズの発表資料より)

ボルボと言えば、ステーションワゴンで知られてきたスウェーデンのメーカーだ。 10/01 08:09

ラグジュアリーブランドのランキング(画像: J.D. パワー ジャパンの発表資料より)

J.D.パワージャパンは8月29日、18回目となる「日本自動車サービス満足度調査」の結果を発表した。 09/10 13:45

プリウスα(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

クロスオーバーSUVのスタイリングが広まっている。 09/06 08:08

6月に追加されたベースグレード「V60 T6 Twin Engine AWD Momentum」(画像: ボルボ・カー・ジャパンの発表資料より)

ボルボはスウェーデンの誇りだ。 07/07 07:35

「KINTO」での提供車種。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

車の世界でも「サブスクリプション」サービスが広がっている。 05/08 11:36

画像はイメージです。

スウェーデンのボルボ・カーズが、全車の最高速度を180km/hに制限すると発表した。 05/06 09:52

Volvo Carsは4日、2020年以降発売する全車について最高速度を180km/hに制限する計画を発表した。 03/09 12:28

今年の『新語・流行語大賞』が発表され、平昌オリンピックで銅メダルを獲得したカーリング女子の『そだねー』が年間大賞に選ばれた。 12/09 19:44

日本カー・オブ・ザ・イヤー「ボルボXC40」(画像: ボルボ・カー・ジャパンの発表資料より)

「2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」が2018年12月7日に決定。 12/08 20:10

日本カー・オブ・ザ・イヤー「ボルボXC40」(画像: ボルボ・カー・ジャパンの発表資料より)

日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)による「今年のクルマ」を決める「第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」は7日、東京都内で最終選考会が実施され、輸入車である「ボルボXC40」が受賞した。 12/07 21:43

三菱「エクリプス クロス」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)

三菱自動車工業は14日、同社のクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」が、2019年次「RJC カーオブザイヤー」を受賞したことを発表した。 11/15 20:05

スバルフォレスター(画像: SUBARUの発表資料より)

7日、今年のクルマを決める「第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」のノミネート車、上位10車「10ベストカー」が選出されたことを日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会・選考委員が発表した。 11/08 17:14

V60 T5 Inscription(画像: ボルボ・カー・ジャパン)

ボルボ・カー・ジャパンは、全面改良を受けたステーションワゴン「ボルボV60」を日本市場にて9月25日より販売を開始した。 09/27 07:21

 1 2 3  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告