ボルボ・XC40、PHEVモデルにエントリーグレード追加

2021年7月26日 16:18

印刷

ボルボ・XC40のエントリーグレード(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)

ボルボ・XC40のエントリーグレード(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)[写真拡大]

 ボルボ・カー・ジャパン21日、プレミアムコンパクトSUV「XC40 プラグインハイブリッド」のラインアップと一部仕様を変更すると発表し、価格変更のうえ発売した。

【こちらも】ボルボ、2030年までに全車EV化へ HVも廃止 販売はオンラインに

 XC40は2018年3月に国内の新車市場に登場した、ボルボ初のコンパクトSUV。それらしい重厚感もあるが、基本はコンパクトカーらしくまとまったビジュアルだ。現行モデルはプラグインハイブリッドを導入しており、環境性能は申し分ない。2021年上半期の国内ボルボ販売台数では、最も多くを販売している。

 今回は、プラグインハイブリッドモデルにエントリーグレード「Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription Expression」が登場。ベーシックタイプとして装備内容が見直されているが、価格は599万円と、上位グレードの649万円(価格はいずれも消費税込)を下回る。

 その他、カラーバリエーションやパワートレインを見直している。

 ボルボは現在、現行の全車種にハイブリッドを採用しているように、電動化を推進している。XC40は、小回りと実用性を両立させたコンパクトSUVの魅力と、プラグインハイブリッドという環境への優しさを両立。最近の売れ行きから、ボルボ電動化の旗手となる可能性もあるだろう。

 変更後の価格は、409万円~649万円。

関連キーワード

関連記事