1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 東京国際映画祭(1)

東京国際映画祭のニュース一覧

12歳の少年が自らの両親を訴える、センセーショナルな内容が話題の映画『存在のない子供たち』の特別予告編が解禁となった。写真:(C)2018MoozFilms

12歳の少年が自らの両親を訴える、センセーショナルな内容が話題の映画『存在のない子供たち』の特別予告編が解禁となった。 06/05 21:39

女優のチャン・ツィイーが10月28日〜11月5日に開催される第32回東京国際映画祭で、映画祭の顔となるコンペティション部門の審査委員長をつとめることがわかった。写真:(C)2019 TIFF_Kazuko WAKAYAMA

女優のチャン・ツィイーが10月28日〜11月5日に開催される第32回東京国際映画祭で、映画祭の顔となるコンペティション部門の審査委員長をつとめることがわかった。 05/23 23:26

俳優の斎藤工が11月1日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた第31回東京国際映画祭ワールド部門正式招待作品『家族のレシピ』の記者会見に、アジアの巨匠エリック・クー監督とともに出席した。写真:斎藤工

俳優の斎藤工が11月1日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた第31回東京国際映画祭ワールド部門正式招待作品『家族のレシピ』の記者会見に、アジアの巨匠エリック・クー監督とともに出席した。 11/02 22:19

稲垣吾郎が主演をつとめ、第31回東京国際映画祭コンペティション部門に選出されている映画『半世界』の記者会見が10月30日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、稲垣とメガホンをとった阪本順治監督が出席した。写真:稲垣吾郎

稲垣吾郎が主演をつとめ、第31回東京国際映画祭コンペティション部門に選出されている映画『半世界』の記者会見が10月30日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、稲垣とメガホンをとった阪本順治監督が出席した。 10/31 13:19

イッセー尾形主演、篠原ともえ共演の映画『漫画誕生』公開舞台挨拶が10月30日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた。写真:イッセー尾形

イッセー尾形主演、篠原ともえ共演の映画『漫画誕生』公開舞台挨拶が10月30日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた。 10/31 13:14

第31回東京国際映画祭GALAスクリーニング作品として上映される映画『人魚の眠る家』のワールドプレミアが10月29日、六本木ヒルズアリーナにて行なわれ、主演をつとめる篠原涼子をはじめ、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中泯(舞台挨拶のみ)、堤幸彦監督が出席。写真:西島秀俊と篠原涼子

第31回東京国際映画祭GALAスクリーニング作品として上映される映画『人魚の眠る家』のワールドプレミアが10月29日、六本木ヒルズアリーナにて行なわれ、主演をつとめる篠原涼子をはじめ、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中泯(舞台挨拶のみ)、堤幸彦監督が出席。 10/30 21:37

第31回東京国際映画祭が10月25日に開幕を迎え、レッドカーペットイベントが六本木ヒルズアリーナで開催された。写真:福士蒼汰

第31回東京国際映画祭が10月25日に開幕を迎え、レッドカーペットイベントが六本木ヒルズアリーナで開催された。 10/27 00:18

第31回東京国際映画祭(TIFF)が本日10月25日に開幕し、六本木ヒルズアリーナでレッドカーペットイベントが始まった。写真:松岡茉優

第31回東京国際映画祭(TIFF)が本日10月25日に開幕し、六本木ヒルズアリーナでレッドカーペットイベントが始まった。 10/27 00:14

6月23日に都内2館で公開が始まって以来、現在の累計上映決定館数が340館(10月22日時点で上映中の劇場は293館)にのぼるなど、快進撃を続けている『カメラを止めるな!』が、公開120日目となる10月20日に観客動員200万人を突破したことがわかった。写真:

6月23日に都内2館で公開が始まって以来、現在の累計上映決定館数が340館(10月22日時点で上映中の劇場は293館)にのぼるなど、快進撃を続けている『カメラを止めるな!』が、公開120日目となる10月20日に観客動員200万人を突破したことがわかった。 10/22 22:29

哀川翔の次女で女優の福地桃子が初主演をつとめることでも話題の映画『あまのがわ』のティザービジュアルと特報が解禁となった。写真:『あまのがわ』ティザービジュアル (C) コスモボックス

哀川翔の次女で女優の福地桃子が初主演をつとめることでも話題の映画『あまのがわ』のティザービジュアルと特報が解禁となった。 10/17 22:50

昨年の第30回東京国際映画祭「アジアの未来」部門で、日本人監督初となるグランプリにあたる「作品賞」と監督賞にあたる「国際交流基金アジアセンター特別賞」の2冠に輝いた『僕の帰る場所』。写真:左から藤元明緒監督、ケイン・ミャッ・トゥ、渡邉一孝プロデューサー

昨年の第30回東京国際映画祭「アジアの未来」部門で、日本人監督初となるグランプリにあたる「作品賞」と監督賞にあたる「国際交流基金アジアセンター特別賞」の2冠に輝いた『僕の帰る場所』。 09/25 17:32

第31回東京国際映画祭の顔となる「オープニング作品」「GALAスクリーニング作品」「クロージング作品」に、それぞれ『アリー/スター誕生』『人魚の眠る家』『GODZILLA 星を喰う者』が選ばれたことが発表された。写真:『アリー/スター誕生』(12月21日公開) (C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

第31回東京国際映画祭の顔となる「オープニング作品」「GALAスクリーニング作品」「クロージング作品」に、それぞれ『アリー/スター誕生』『人魚の眠る家』『GODZILLA 星を喰う者』が選ばれたことが発表された。 09/12 11:33

池袋シネマ・ロサにて、新たに俳優にスポットを当てた特集上映企画「the face」がスタートし、第1弾が7月28日から8月3日まで1週間レイトショー上映される。写真:「the face」チラシ表面

池袋シネマ・ロサにて、新たに俳優にスポットを当てた特集上映企画「the face」がスタートし、第1弾が7月28日から8月3日まで1週間レイトショー上映される。 07/27 23:54

松岡茉優が女優人生初めてのチャレンジ。 07/09 23:15

 1 2  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告