SUPER JUNIORイェソンが日本でソロシングルをリリース、ツアーも盛況

2017年7月19日 12:37

印刷

記事提供元:韓流STARS

■大阪、東京、名古屋等、計6回公演を成功

 ボーカリストのイェソンが、ソロとして日本での2度目のツアーを成功させた。

【こちらも】SUPER JUNIORイェソン、ドラマ「ボイス」で強烈な存在感をアピール!

 イェソンの日本ツアーコンサート『SUPER JUNIOR-YESUNG Special Live “Y's SONG”』は、6月14日の大阪を皮切りに東京や名古屋などで計6回にわたり開催。本公演では先月28日に日本でリリースされた2枚目のダブルタイトルシングル『Splash/愛してるって言えない』の全収録曲のステージを披露し、会場を盛り上げた。

 今年4月に韓国でリリースされた2ndアルバム『Spring Falling』のタイトルチューン『Paper Umbrella』でライブの火ぶたを切ったイェソンは、ドラマのサントラ『君じゃなくちゃダメなんだ』(原題)『Gray Paper』をはじめ、日本でのソロナンバー『Let Me Kiss』『雨のち晴れの空の色』まで、バラエティに富んだ曲の数々でファンのホットな反響を呼んだ。

 特に韓国では初のソロアルバム『Here I am』の収録曲であり、EXOのチャニョルのラップで話題を集めた曲『Confession』を、イェソンならではの個性が引き立つラップでリメイクしてライブ会場はさらに盛り上がり、イェソンの新たな魅力によって観客の拍手喝采が巻き起こった。

 イェソンは今回のソロシングルのリリースとソロツアーだけでなく、昨年10月には日本映画『My Korean Teacher』(邦題:『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』)の主演俳優として第29回東京国際映画祭に招待されるなど、日本での地位を固めている。

※このニュースは韓流STARSからの提供です。韓流STARSでは、韓国の人気俳優、K-POPアーティストの最新ニュースを配信しています。

関連キーワード名古屋東京国際映画祭

関連記事