EUフィルムデーズ2017が東京&京都で開催

2017年5月22日 17:18

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 欧州連合(EU)加盟国の映画作品を一堂に上映する「EUフィルムデーズ2017」が東京と京都で開催される。東京では、東京国立近代美術館フィルムセンターで2017年5月26日(金)から6月22日(木)まで、京都では京都符京都文化博物館で6月3日(土)から6月25日(日)までの開催となる。
 

 15回目を迎える今回は、計26か国が参加。日本初公開作品や、選りすぐりの名作まで、ヨーロッパ文化を堪能できる作品や特別プログラム含む28プログラムが行われる。

 日本初公開作品には、監督も来日が決定しているスロヴァキアのコメディ映画『ヴォイチェフ』、マグリット映画賞(ベルギー・アカデミー賞)長編第1回作品賞を受賞した『猫はみんな灰色』など、コメディ、サスペンス、ヒューマンドラマなど、多様なジャンルの作品がそろう。

 他にも、『リリーのすべて』など昨年劇場公開され人気を博した作品や、音楽映画を数多く手がけたジョン・カー二―監督の『シング・ストリート 未来へのうた』、2016年東京国際映画祭・最優秀監督賞を受賞の『私に構わないで』と言った話題作の上映も行われる。

【開催概要】
EUフィルムデーズ2017

■東京会場

期間:2017年5月26日(金)〜6月22日(木)
会場:東京国立近代美術館フィルムセンター
定員:310名
住所:東京都中央区京橋3-7-6
発券場所:2階大ホール受付
チケット価格:一般 520円、高校生・大学生・シニア 310円、小・中学生 100円、障害者(付添者1名まで) 無料
※鑑賞券は当日・当該回のみ有効
※発券・開場は開演の30分前から、定員に達し次第締め切り
※学生・シニア(65歳以上)・障がい者・キャンパスメンバーズの場合、証明できるものの提示が必須
※発券は各回一名につき一枚のみ

■京都会場

期間:2017年6月3日(土)〜6月25日(金)
会場:京都符京都文化博物館
定員:170名
住所:京都府京都市中京区東片町623−1
チケット価格:一般 500円、大学生 400円、高校生以下無料

■発表済み上映作品一覧

『ヴォイチェフ』『お母さん』『エディットを探して』『ナイトライフ』『リトル・マン』『検事、弁護人、父親、そして息子』『猫はみんな灰色』『いつまでも一緒に』『テキールの奇跡』『明日、戦争の後で』『シング・ストリート 未来へのうた』『五日物語-3つの王国と3人の女-』『リリーのすべて』『善意の行方』『私に構わないで』『アイスドラゴン』『フラワーズ』『マリー・クロヤー 愛と芸術に生きて』『クリスマスの伝説-4人の若き王たち』『ホワイトゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)』『オリ・マキの人生で最も幸せな日』『パティーとの二十一夜』『フィフスシーズン~春が来ない村』『すべて売り物』『男として死ぬ』「ラトビアのショートアニメ特集」(『タイガー』『新種の発見』 『子豚の冒険』『デディベア』 『魔法使いのボタン』『素晴らしい1日』)

【問い合わせ先】
東京国立近代美術館フィルムセンター
TEL:03-5777-8600
京都府京都文化博物館
TEL:075-222-0888

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード東京都京都府欧州連合東京国際映画祭東京国立近代美術館シング・ストリート 未来へのうた

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース