1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > 建設
  5.  > 大成建設(1)

大成建設のニュース一覧

大成建設は4月5日、超高強度繊維補強コンクリート(以下UFC)を適用し、2002年に竣工した歩道橋「酒田みらい橋」と、2007年に竣工した国内初の軌道桁「東京モノレール軌道桁」において経年調査を行い、UFC使用構造物の優れた耐久性能が健全であることを確認したと発表した。 04/15 12:10

国土交通省関東地方整備局は18日、一昨年末頃より取り沙汰されていたリニア中央新幹線の駅工事などに係る談合事件で、大林組と清水建設に対し120日間の営業停止処分を下した。 01/19 19:30

戸越5丁目19番地区再開発の完成イメージ(三菱地所など発表資料より)

東京都品川区の東急大井町線「戸越公園駅」近くの戸越5丁目19番地区で、再開発本組合の設立が東京都から認可され、発足した。 12/26 09:17

積水ハウスとテムザックが開発中の天井石膏ボード施工ロボット「Carry」と「Shot」。施工技能者と協業して天井石膏ボードの張り付けを行う。

近年、建設業界でのロボット開発が過熱している。 07/02 08:03

稲城小田良ショッピングセンター(仮称)の完成イメージ(野村不動産発表資料より)

野村不動産は東京都稲城市坂浜の小田良(こだら)土地区画整理事業地内で地域密着型のショッピングセンター建設に着工した。 03/21 18:06

先月11日、リニア中央新幹線の関連工事で事前の受注調整が行われていた疑いで、東京地検特捜部が大手ゼネコンである大林組(東京)を調べているとの第1報から、今回のリニア談合事件に関わる報道がスタートした。 01/20 21:22

技術概要。(画像:大成建設発表資料より)

日本古来の伝統建築といえば木造である。 11/24 07:26

「T-iROBO Slab Finisher」が作業する様子。(写真: 大成建設の発表資料より)

大成建設と筑波大学は27日、16年に開発したコンクリート床仕上げロボット「T-iROBO Slab Finisher」の機能を拡充し、半自立制御操作を可能とするシステムを開発したことを発表した。 10/28 10:33

高層建物向け解体工法「テレコップ-light」イメージ。(画像:大成建設発表資料より)

大成建設は、同社の「テコレップシステム(環境に配慮をした閉鎖型解体工法)」の発展形として、RC(鉄筋コンクリート)造超高層建造物にも適用可能な解体工法、「テレコップ-light」を開発した。 08/21 16:34

広告

広告

写真で見るニュース

  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告