1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 社会
  5.  > 待機児童(1)

待機児童のニュース一覧

総合電子部品メーカーの村田製作所(京都府長岡京市)は4日、地元の社会福祉法人と協力し、住民を対象とした認可保育所と従業員の子供を対象とした企業主導型保育事業所を併設した複合型保育園を開設すると発表した。 03/05 19:11

厚労省が放課後児童クラブの実施状況を公表。18年の放課後児童クラブ数は2万5328か所で前年比755か所の増加。待機児童数は1万7279人、前年比109人の増加。低学年では減少するも高学年で増加。

政府統計によれば子育て中の女性の就業率は増加傾向だ。 01/15 08:39

深刻化する待機児童問題を解消するための起爆剤として期待された企業主導型保育所が暗礁に乗り上げている今後企業の共同運営を促すなど効率的な運営方法を指導すべきだろう。

深刻化する待機児童問題を解消するための起爆剤として期待された企業主導型保育所が暗礁に乗り上げている。 11/26 08:46

前期で17期連続増配のユニチャームは、いまや生理用品や紙おむつで海外でも実績を積み重ねている企業であることは周知の通り。 11/19 11:41

育児休暇を延長するために、保育所にあえて落選する保護者が相次いでいる

待機児童を解消するために政府が対策を打っている一方で新たな問題が浮上している。 11/15 09:00

幼児教育・保育の無償化について株式会社ウェルクスが保育士を対象にアンケートを実施。少子化対策が期待される一方、保育士からは業務負担の増加や保育の質低下を懸念する声も挙がっている。

2019年10月から幼児教育・保育の全面無償化が実施される。 10/22 08:48

野村総研が保育士としての就労状況や就労意向に関するアンケート調査を実施。保育士資格保有者のうち保育士として就労中は33%。67.1%が潜在保育士

保育施設の不足が問題化している。 10/18 11:53

厚生労働省は保育ママ制度の普及に努めている。保育ママの増加によって、より質の高い保育が提供されることを期待したい

政府が設定している2020年度末までに待機児童をゼロにする目標を達成するため、厚生労働省は家庭的保育事業、いわゆる保育ママ制度の普及に努めている。 10/17 09:53

厚生労働省の発表によれば、4月1日時点での保育待機児童の数は1万9895人となり10年ぶりに2万人を下回った

厚生労働省の発表によれば、4月1日時点での保育待機児童の数は1万9895人となり10年ぶりに2万人を下回った。 09/13 11:40

厚生労働省は6月1日、学童保育の定員について2019年度から23年度までの5年間で新たに30万人分の受け皿を整備することを発表した。学童保育の定員拡充によって小1の壁が解消されるかに注目だ。

厚生労働省は6月1日、学童保育の定員について2019年度から23年度までの5年間で新たに30万人分の受け皿を整備することを発表した。 06/27 11:02

保育士が不足していても保育所を設置できるよう、政府は国家戦略特区において特例を設けることを決めた。資格保有者以外のいる保育所も国からの補助金を受けられるようになり、より多くの人材が保育士として働くための土壌づくりになると期待される。

保育士が不足していても保育所を設置できるよう、政府は国家戦略特区において特例を設けることを決めた。 06/25 17:03

日本の少子高齢化が止まらない。厚生労働省が発表した2017年の人口動態統計の年間推計によれば、2017年に生まれた赤ちゃんは94万1千人。

日本の少子高齢化が止まらない。 06/08 10:30

安倍晋三総理は今月に入って開いた人生100年時代構想会議で幼児教育の無償化について「認可保育所への入所資格を満たしているのに入所できない子どものため、幼稚園の預かり保育も含め認可外の施設を広く無償化の対象とする」と述べた。 06/05 20:33

JPホールディングス(以下、JPHD)はいつまで「お家騒動」の原因に蓋をし、世間に公にしないのか。 05/30 11:48

 1 2 3  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告