ホーム > ニュース一覧 > 環境・エコ > 水素ステーション(1)

水素ステーションのニュース

ENEOSとトヨタ、Woven Cityでの水素エネルギー利活用の具体的検討を開始

総合エネルギー産業のトップランナーであるENEOSとトヨタ自動車は、静岡県裾野市でトヨタが建設を進めるWoven City(ウーブン・シティ)での水素エネルギー利活用について具体的な検討を進めることに基本合意したと発表した。
05/16 16:59

燃料電池車はMIRAIが始まり! 水素エネルギーを進めるトヨタが目指すものは?

トヨタ自動車は12月9日、燃料電池車MIRAIをフルモデルチェンジし、販売を開始した。
12/19 08:47

トヨタ、新型「MIRAI」を発売 コンセプトはEDGE

トヨタ自動車は9日、燃料電池自動車(FCV)MIRAIの新型を発売した。
12/11 08:43

コンビニ大手3社とトヨタ+日野連合が燃料電池トラック配送の実証実験開始

コンビニ大手のセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの3社と、トヨタ自動車、日野自動車の5社が共同し、地球温暖化抑制やエネルギー多様化等に対応した持続可能な社会の実現に向け、燃料電池(FC)小型トラックの導入を視野に検討を進めるとともに、将来の普及に向けた環境整備に取り組むことで合意したと発表した。
12/10 09:47

トヨタとホンダが協力 燃料電池バスで電気を配送 「ムービングイー」の実証実験

地震・台風・豪雨などの災害時、送電網が被害を受け、送電できずに孤立させてしまうような時に役立つ移動式発電・給電システム「Moving e(ムービングイー)」を、トヨタとホンダが協力して作り上げた。
09/23 07:34

トヨタとホンダ、協働で移動式発電・給電システム「Moving e」の実証実験開始

トヨタ自動車と本田技術研究所は、大容量水素を搭載する燃料電池バスと、可搬型外部給電器・可搬型バッテリーを組み合わせた移動式発電・給電システム「Moving e(ムービング・イー)」を構築し、いつでも・どこでも電気を届ける実証実験を開始すると発表した。
09/09 08:27

中国を恐れ?EU自動車メーカー、水素エンジンに移行 (1) EUの雇用を守れ

水素エンジンが急速に注目されている。EUは、現在BEV、PHEVへの移行を急いでいる。
08/10 06:49

トヨタ株堅調 中国、新エネ車目標25年に25%へ引き上げ トヨタは利用されるだけ? (1/2)

中国政府は2025年に、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHV)・燃料電池車(FCV)など、新エネルギー車の販売比率目標を従来の20%から25%に引き上げる。
12/10 18:13

水素燃料関連市場、30年度には18年度比56倍の4085億円へ拡大 富士経済

富士経済が9日に発表した水素燃料関連の国内市場調査結果によると、水素ステーション設置など国レベルの取り組みが加速し、市場は今後大幅に拡大すると予測している。
08/13 20:20

オリックスカーシェア、トヨタ「MIRAI」を導入 カーシェアでは国内初

オリックス自動車は9日、燃料電池自動車であるトヨタ「MIRAI」をカーシェアリング業界で初めて導入することを発表した。
08/13 11:28

ノルウェーで自動車用水素ステーション爆発 トヨタは燃料電池車の販売停止へ

10日にノルウェー・バールムにある自動車用の水素ステーションが爆発した。
06/18 09:51

トヨタ燃料電池車、米ロサンゼルスでFC大型貨物車の実証

トヨタ自動車の北米事業体であるToyota Motor North Americaは、米国カリフォルニア州ロサンゼルス港で開催された、貨物輸送の「ゼロ・エミッション化」を目指してロサンゼルス市港湾局が開催したプロジェクトのイベントにおいて、米トラックメーカーのケンワース(Kenworth)と共同で開発した燃料電池(FC)大型商用トラックを公開した。
04/25 09:12

トヨタ、元町工場で小型水素製造装置を導入 工場CO2ゼロチャレンジへ

トヨタ自動車は、再生可能なエネルギーである太陽光発電の電力を活用し、水素を製造・貯蔵・供給できる小型の水電解式水素発生充填装置「SimpleFuel(シンプルフューエル」を愛知県豊田市のトヨタ元町工場に導入した。
04/10 08:33

JR東日本とトヨタ、水素活用して鉄道と自動車を連携へ 低炭素社会の実現に

JR東日本とトヨタ自動車は27日、地球温暖化問題やエネルギーの多様化に対応した、持続性可能な低炭素社会の実現に向けて、水素を活用した鉄道と自動車のモビリティ連携をコアとする包括的な業務連携に基本合意したことを発表した。
09/29 20:08

岩谷産業、水素試験施設を拡充 国内最高レベルに 水素社会実現に向けて

岩谷産業は27日、水素ステーションの拡充といった水素エネルギーインフラ整備を支援するため、同社の中央研究所水素研究設備を改修して「極低温」と「超高圧」両方の水素試験ができる試験環境を整備したと発表した。
08/28 16:35

セブンとトヨタ、来秋から水素活用した次世代コンビニ展開 FCトラックも

セブンイレブン・ジャパンとトヨタ自動車は6日、2019年秋から水素を燃料とする次世代コンビニプロジェクトを始動することを明らかにした。
06/07 08:55

トヨタや愛知県など、再エネ活用して水素を製造 フォークリフトなどで利用へ

愛知県やトヨタ自動車、中部電力などは25日、水素社会実現に向け、「知多市・豊田市再エネ利用低炭素水素プロジェクト」を開始した。
04/27 22:22

水素ステーションネットワーク「JHyM」に5社が追加参加・出資

JA三井リース、損害保険ジャパン日本興亜、三井住友ファイナンス&リース、NECキャピタルソリューション、未来創生ファンドの5 社は、水素ステーションネットワーク合同会社「JHyM(ジェイハイム)」:Japan H2 Mobility)の資本参加に関する契約を締結した。
03/22 09:55

トヨタやホンダなど11社、燃料電池車普及へ水素スタンド設置の新会社設立

燃料電池車の普及が徐々に始まっていきそうな予感がしてきた。
03/06 22:05

【トヨタ、水素ミライの実験開始】ガラパゴス化?成功すれば日本の救世主

昨年の夏、トヨタは他社および神奈川県と協力し、横浜市風力発電所(ハマウィング)で電気を作り、敷地内で水を電気分解して水素を製造、それを貯蔵・圧縮して充填車で近隣に運び、横浜・川崎市の倉庫や工場で稼動する燃料電池フォークリフトに供給するというプロジェクトを開始した。
01/07 09:02

トヨタ、ホンダ、日産らが水素ステーション本格整備に向け新会社設立

トヨタやホンダ、日産ら11社は12日、水素ステーションの本格的な整備を目的とした新会社を2018年の春に設立すると発表。
12/13 15:54

トヨタ、米に世界初となる水素ステーション併設のメガ燃料電池発電所を建設

トヨタ自動車は1日、ロサンゼルス自動車ショーにて、燃料となる水素を生み出しながら発電が可能な電池発電所と、水素ステーション併設する「Tri-Gen(トライジェン)」を、米カリフォルニア州に建設すると発表した。
12/05 23:30

東京都、水素社会を推進 燃料電池車への追い風なるか

東京都は1日、水素エネルギーの普及を図るため、産学官連携の「Tokyoスイソ推進チーム」の発足を発表した。
11/08 06:53

ホンダ、コンパクトで高効率の新型「スマート水素ステーション」公開

ホンダは70MPaの圧力で充填できるスマート水素ステーション(SHS)を、「CEATEC JAPAN 2017」(千葉・幕張メッセ、2017年10月3日~6日)で公開した。
10/08 16:43

 1 2  次へ進む