トヨタ、元町工場で小型水素製造装置を導入 工場CO2ゼロチャレンジへ

2019年4月10日 08:33

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

今回新たにトヨタが元町工場に導入した小型水素ステーション「SimpleFuel」、概ね1日あたり燃料電池フォークリフト7台~8台分の水素が充填できる

今回新たにトヨタが元町工場に導入した小型水素ステーション「SimpleFuel」、概ね1日あたり燃料電池フォークリフト7台~8台分の水素が充填できる[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタ自動車は、再生可能なエネルギーである太陽光発電の電力を活用し、水素を製造・貯蔵・供給できる小型の水電解式水素発生充填装置「SimpleFuel(シンプルフューエル」を愛知県豊田市のトヨタ元町工場に導入した。

 トヨタは2015年に公表した「トヨタ環境チャレンジ2050」の一環として、「工場CO2ゼロチャレンジ」の実現に向け、工場での水素利用を目指して水素エネルギー活用技術の開発および導入を進めている。

 「SimpleFuel」は米国IVYS Energy SolutionsとPDC Machinesの2社が共同製造した小型の水素製造ステーションで、この「SimpleFuel」は工場敷地内にある太陽光で発電した電力を利用して、水を電気分解することにより水素を製造し、さらに圧縮・蓄圧して、燃料電池フォークリフト(FCフォークリフト)に充填するまでの工程に、一貫して対応する水素ステーションだ。

 水素の製造量は、最大99Nm3/日(約8.8kg/日)で、FCフォークリフト7台~8台分の充填ができるとともに、サイズもコンパクトであるため、狭い工場などのスペースでも容易に設置でき、工場内でFCフォークリフトに充填する用途に適している。

 現在、元町工場では、FCフォークリフトの導入拡大に伴い、2018年3月に本格的な水素ステーションを稼働させているが、今後の水素の需要増を見据えて、「SimpleFuel」の活用により、水素供給の充実を図る。これによってトヨタは、元町工場におけるCO2排出削減に貢献するとともに、新たな技術や知見の蓄積を進めていきたいと考えているという。

 トヨタは工場でのCO2排出量削減に向けて、現在使用しているエンジン式フォークリフトをFCフォークリフトに置き換えていく予定であり、まずは元町工場において、豊田自動織機製のFCフォークリフトを2017年に2台、2018年に20台導入した。今年は環境省の「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(再エネ水素を活用した社会インフラの低炭素化促進事業)」を活用し、「SimpleFuel」を導入したほか、FCフォークリフトをさらに50台追加した。

 なお、トヨタは愛知県をはじめ、関係自治体、企業とともに、「あいち低炭素水素サプライチェーン推進会議」を通じて、再エネを活用し「つくる・はこぶ・つかう」という水素のサプライチェーン全体の低炭素化を推進している。今回の「SimpleFuel」を導入による再エネ由来水素を製造し使用する取り組みは、愛知県が制定した「低炭素水素認証制度」の認定を受けた。

 トヨタは低炭素化を推進の方針に沿って、元町工場において「SimpleFuel」やFCフォークリフトの導入・利用を推進しており、今後も、「工場CO2ゼロチャレンジ」の実現に向けて着実に取り組んでいく。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
トヨタ、小型コマーシャル・バン、プロボックスとサクシードにHVを追加
目指すは世界最高水準の「環境性能」。官民連携で挑む、日本自動車業界の未来図
トヨタとJR東日本、水素活用による、鉄道と自動車のモビリティ連携の検討を開始

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車燃料電池水素ステーション太陽光発電豊田自動織機

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース