ノルウェーで自動車用水素ステーション爆発 トヨタは燃料電池車の販売停止へ

2019年6月18日 09:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 taraiok曰く、

 10日にノルウェー・バールムにある自動車用の水素ステーションが爆発した。この爆発により2人の負傷者が出ているようだ(ELECTREKSlashdot)。

 警察によると、爆発は車のエアバッグが動作するほどの規模だったという。原因は今のところ不明で、水素ステーションの運営企業はほかの10か所のステーションについても運用を停止したと発表している。これによって燃料電池車の燃料補給網が機能不全に陥っており、トヨタと現代自動車は燃料電池車の販売を一時的に停止したという。

 トヨタの現地法人によると、原因が分かるまでは燃料電池車の販売を停止するという。いっぽうで燃料電池車の安全性については問題ないとしている。

 スラドのコメントを読む

 関連ストーリー:
オーディオマニアに注目される燃料電池 2018年12月07日
セブンイレブン、トヨタの燃料電池関連システムや燃料電池小型トラックなどを導入へ 2018年06月11日
ドイツで燃料電池を使った列車が試験導入される 2017年04月21日
スズキ、燃料電池スクーターの公道走行実験を開始 2017年03月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車燃料電池水素ステーションノルウェー

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース