南シナ海のニュース

豊田章男吠えた (1) EVはビジネスモデル(雇用)を壊す「大手メディアはミスリードするな」

「EV化を進めればCO2削減に結び付き、地球温暖化阻止が出来る」。こうした報道が多くみられる。
12/28 09:05

雇用が問題か? (3) 水素社会で雇用確保 e-gasでエンジン可動を

また、現存のガソリンスタンドについても、FCV(燃料電池車)に用いる純粋水素(99.99%)を取り扱う水素スタンド(1カ所約5億円)に比較して少ない投資で「e-gas(メタンガス)」対応とできることから、「雇用の創出」に寄与し、自動車産業全体の雇用規模を保てることになる。
12/11 09:17

74、90、10式戦車の歴史は砲弾と「盾と矛」の関係 (1) 世界政治情勢と装備の変化

陸上自衛隊の最新鋭戦車「10式戦車」は最高出力1,200馬力。
11/22 15:56

相場展望8月28日号 FRBがインフレ容認ならば、『ドル売り・金と株価上昇』 注目:1.FRB議長講演 2.安倍首相会見 3.FOMC内容

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移 1)8/25、NYダウは▲60ドル安、SP500が3営業日連続で過去最高値を更新。
08/28 08:06

相場展望8月14日号 米大統領選、株価はトランプ上昇・バイデン一時下落か トランプ減税:バイデン増税、他の政策はほぼ同一

■I.米国株式市場 ●1.米株式状況  1)8/11、NYダウ▲104ドル安、ナスダックは3日連続安 ・追加経済対策を巡る米政権と民主党の協議行き詰まりへの警戒感で下落。
08/14 07:59

相場展望7月27日号 米企業関係者が自社株式売却⇒相場天井接近を示唆か 米中の総領事館閉鎖要求は、国交断行寸前のレベル

・米株式相場は続落、米中の緊張激化や景気回復失速で ■I.米国株式市場 ●1.米株式市場、NYダウ続落し7/22の27,005ドル⇒7/24の26,469ドルと
07/27 08:14

相場展望7月22日号 トランプ氏挽回で、南シナ海人工島破壊、株式市場暴落も 大統領選挙前の8月中旬~10月末は警戒

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況、7/15にNYダウ26,870ドルに上昇、7/16・17は下落し、7/21は上昇 1)ワクチン開発の期待はありながらも、米国の経済活動正常化遅れの懸念が株価の重石に。
07/22 08:05

相場展望7月16日号 南シナ海を巡る米中対立の激化で『衝突の火種』膨らむ

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況「ナスダックの勢いに注目」 1)7/13の米株式市場でNYダウの上げ幅は一時+563ドル高に達したが、午後に入るとハイテク株を中心に利益確定売りが出て、NYダウの終値は+10ドルで終えた。
07/16 08:14

相場展望7月13日号 日経平均は売り圧力が弱まり、8月上旬までは堅調か 8月は売りの特異月のため、8月中旬以降は警戒

■I.米国株式市場 ●1.NYダウ7/10、+369ドル高の26,075ドル、未曽有の超緩和策が割高感を相殺している 1)新型コロナの治療を巡り、ワクチン開発進展情報で期待が高まり、楽観視されたため。
07/13 09:12

相場展望6月8日号 米国に対抗して、世界に覇権を求める新興・中国 新冷戦⇒早くも熱戦の勃発リスク増大  ~一考察~

I.中国の覇権国家への道は、『米国からの巨額貿易黒字と米国の油断』が開いた 1.中国が覇権を求められるようになったのは、米国との巨額の貿易黒字が源泉
06/08 08:48

相場展望4月27日号 日銀、27日に『追加緩和』決定も、相場上昇は限定的か

■I.米国株式市場 ●1.米連邦政府の2020年度赤字は▲3.7兆ドルで過去最高、4~6月期のGDPも▲39.6%減と記録的 1)議会予算局(CBO)の予想 (1)4~6月期の国内総生産(GDP)は年率換算で▲39.6%落ち込むと予想。
04/27 08:26

北朝鮮、ICBM・SLBMに使用の固形燃料を実験か 日本の核脅威は現実性を増した (2/3)

そこで、アメリカは原子力潜水艦SLBMに移行していった。
12/28 09:44

北朝鮮SLBM発射か 軍事産業と自動車産業の関係は? (1/2)

北朝鮮のSLBM完成が間近のようだ。
10/03 17:52

中国軍の南シナ海での活動拡大に懸念 防衛相

小野寺五典防衛大臣は22日の記者会見で、中国国防省が4月18日に「南部海域島嶼」で爆撃機による離着陸訓練を実施したと発表したことの受け止めを聞かれ、「南シナ海における航行の自由、シーレーンの安全確保は重要な関心事項」で「法の支配に基づく自由で開かれた海洋秩序を維持・強化するために国際社会が連携していくことが重要」と述べた。
05/24 14:26

政府、空母での運用視野にSTOL型F35Bステルス戦闘機導入を検討か

航空自衛隊はすでにステルス戦闘機F35Aを導入していますが、政府は空母からの運用も可能なSTOL(Short TakeOff and Landing、短距離離着陸)型のF35Bの導入を検討しているそうです。
02/16 23:38

稲田防衛相、シャングリラ会合は非常に有意義だった

稲田朋美防衛大臣は6日の記者会見で、各国の国防大臣が一堂に会したシャングリラ会合を振り返って「ルールに基づく地域秩序の擁護をテーマにスピーチを行った。
06/07 07:40

日米防衛相会談、約90分近い会談で認識共有

稲田朋美防衛大臣と米国のマティス国防長官との会談が4日、1時間半近くに渡って行われ(1)東シナ海・南シナ海における中国の活動はアジア太平洋地域における安全保障上の懸念であること(2)北朝鮮による核・ミサイル開発の進展は日米両国と地域の安定に対する安全保障上の重大な脅威であること(3)日米韓をはじめとする3か国間の防衛協力のほか、ASEANを含む多国間の枠組みによる協力を強化していくことで、認識を共有した。
02/05 21:26

シンガポールに新幹線を 首脳会談で安倍首相

安倍晋三総理は28日、訪日しているシンガポール共和国のリー・シェンロン首相と会談し、シンガポールへの新幹線導入などを促した。
09/29 16:47

核抑止力、安全保障に現況必要との認識示す―稲田朋美防衛相

渡米中の稲田朋美防衛大臣は16日、カーター国防長官と日米防衛相会談を行った後、記者会見し、核について「唯一の被爆国である日本として、核のない世界を目指していくことは重要だ」としながらも「現実問題を考えたとき、核の抑止力ということもまた重要だろうと考えている」とし、核抑止力が安全保障を担保するうえで、現況、必要との認識を示した。
09/17 11:29

南シナ海、東シナ海の動き懸念―安倍晋三首相

安倍晋三総理は日本・ASEAN首脳会議で中国の南シナ海・東シナ海での動きを念頭に「一方的な現状変更の試みの継続を深刻に懸念している」と語った。
09/09 15:11

日中首脳会談で率直な意見交換「極めて良かった」―菅官房長官

菅義偉官房長官は6日の記者会見で、日中首脳会談で、安倍晋三総理、習近平国家主席がそれぞれ東シナ海、南シナ海の問題についても「率直に意見交換したことは極めて良かった」と首脳会談の内容を評価した。
09/07 11:11

【コラム】東シナ海に繫がる「法の支配」G20でも主張を

7月25日に行われた日中外相会談で、中国・王毅(おう・き)外交部長が岸田文雄外相に対し、南シナ海問題について「日本は係争当事者ではない」と関与を強くけん制したことが駐日中国大使館HPで紹介された日中外相会談記事で明らかになった。
08/13 13:30

中国、日中外相会談で南シナ海問題を強くけん制

先月25日に行われた岸田文雄外務大臣と中国の王毅(おう・き)外交部長との日中外相会談で、中国側が南シナ海問題で日本を強くけん制していたことが駐日中国大使館HPでの日中外相会談の紹介記事で分かった。
08/12 19:00

 1 2  次へ進む