1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 総務省(6)

総務省のニュース(ページ 6)一覧

NHKがテレビ番組を放送と同時にネットで配信できるよう、総務省が放送法改正作業に着手したという。 12/04 09:42

コネヒトの「変えよう、ママリと」プロジェクトにおいて、働く事に対する女性達の意識が見えてきた。妊娠中か育児中の女性のうち約90%が働きたいと回答している。

子供を出産した後も働きたいと望む女性達は多い。 12/04 09:41

菅義偉官房長官が8月21日、札幌市内で「日本の携帯電話の利用料金には4割程度の値下げ余地がある」と講演してから3カ月、いよいよ具体的な方向性が見えて来た。 12/01 17:34

政府・モバイル市場の競争環境に関する研究会が「モバイルサービス等の適正化に向けた緊急提言」(案)をまとめている。 11/29 09:44

安倍晋三総理は19日の規制改革推進会議に出席し「規制改革こそ、新しい時代を切り拓いていく成長のメインエンジンであり、安倍内閣の成長戦略の中核と言ってもいい」と規制改革推進を強調した。 11/21 14:45

GoogleやApple、Facebook、Amazon.comといった米大手IT企業は日本でも大規模な商取引を行っているが、政府がこれら企業に対する規制を強めるのではないかという話が出ている。 11/20 22:11

クレジットカードの番号や暗証番号などの情報が盗み取られて不正に利用される被害が急増し過去最多を記録。昨年1年間の被害額が前年の約2倍の177億円となった。

海外に比べてキャッシュレス化が遅れている日本であるが、その原因の一つとなるのが不正利用への懸念だろう。 11/12 09:24

家族の介護を理由に仕事を辞める、いわゆる介護離職者が9万9千人に上ったことがわかった。介護休業制度を利用しやすくなるようなさらなる取組みが必要だ。

総務省が発表した「平成29年就業構造基本調査」によって、2016年10月から17年9月までの1年間で、家族の介護を理由に仕事を辞める、いわゆる介護離職者が9万9千人に上ったことがわかった。 11/12 09:02

孫氏「料金値下げは真摯に受け止めながら、しっかりと対応していきたい」SBG2Q決算・質疑応答全文

質問者1:テレビ朝日のヤギと申します。 11/06 13:12

総務省が30日に公表した9月期の労働力調査によると、完全失業率(季節調整値)は前月比0.1ポイント減となる2.3%となり、2カ月連続の低下となった。 10/31 16:52

携帯料金引き下げに関する議論がされている。他国と比較して高すぎるとの菅官房長官による発言から始まり、どこまで値下げが実現できるのか注目されている。

携帯電話料金の引き下げに関して総務省で議論されている。 10/26 22:06

安倍晋三総理は22日の未来投資会議で「65歳以上への継続雇用年齢の引上げについては70歳までの就業機会の確保を図り、高齢者の希望・特性に応じて多様な選択肢を許容する方向で検討したい」と70歳まで働ける環境整備を目指す考えを示した。 10/24 09:38

消費増税にともない自動車取得税廃止に代わり設定された「燃費課税」が、消費増税後の自動車需要落ち込み対策ために先送りとなるか?

安倍晋三首相が10月15日の臨時閣議で2019年10月から実施する消費税率アップの事案について、「消費税率については法律で定められたとおり、2019年10月1日に現行の8%から10%に引き上げる予定だ。 10/21 17:11

掲示するポスターの例。(画像: 発表資料より)

東京メトロとJR東日本は、2020年の東京五輪・パラリンピックのオフィシャルパートナー (旅客鉄道輸送サービス)として、各競技の見どころや観戦ポイントを紹介する 「TOKYO SPORTS STATION」の第5シリーズを10月22日から開始する。 10/20 21:22

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告