1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > 燃費(1)

燃費のニュース一覧

マツダ・CX-30(欧州仕様車)(画像: マツダの発表資料より)

地味~な!世界一のハイテクカー、マツダ・CX-30を語るには、2つのテーマに注目すると良いだろう。 04/08 16:25

もっとも燃費がよかったクルマは、登録車でトヨタ・プリウス

国土交通省は、2018年末時点で販売されていた乗用車で、燃費の良い乗用車ベスト10を公開した。 04/08 08:46

「SKYACTIV-Xエンジン」(画像: マツダの発表資料より)

「SPCCI (Spark Controlled Compression Ignition)火花点火制御圧縮着火」は、ついに、『スカイアクティブ-Xエンジン』としてマツダ3に搭載され、実用化に踏み出すこととなった。 04/03 08:42

現在、モータースポーツのF1で利用されている「ターボコンパウンド」は排気タービンを直接駆動力に繋げるもので、熱損失の回生システムである。 04/02 08:31

最近では、純EV、PHEV、HV、マイルドHVなど、モーター駆動を用いている車で「回生ブレーキ」は常識となった。 04/01 16:48

燃費が向上してかつ実用的であるには、軽量、小排気量のガソリンエンジンで十分な駆動力を得られることが必要だった。 03/29 17:19

ある自動車ディーラーに立ち寄り、店長と話し込んでみた。 02/07 11:38

(c) 123rf

スバル(SUBARU)はなかなか体質改善が進まない。 01/25 11:29

量産型可変圧縮比エンジン「VCターボ」。(画像: 日産自動車の発表資料より)

日産が発表したVC (Variable Compression)は、エンジンの熱効率を上げ、燃費をよくする方策の一つであることは確かだ。 12/21 17:44

スバル・新型フォレスター(画像: スバルの発表資料より)

しばらくの間、自動車の燃費改善には「ダウンサイジングターボが決め手」とばかりに、全メーカーが排気量を縮小してターボで圧縮比を上げ、大排気量と同じような低速トルクを求めてきた。 10/24 11:52

「ノート e-POWER NISMO S」(画像: 日産自動車)

日産自動車は「ノート e-POWER NISMO」に「ノート e-POWER NISMO S」を追加設定し、25日より発売することを発表した。 09/25 21:29

CR-V(画像: 本田技研工業)

ホンダは30日、新型SUV「CR-V」のガソリンモデルを8月31日(金)に、ハイブリッドモデルを11月1日(木)に発売することを発表した。 08/31 11:31

tricker XG250。(画像:ヤマハ発動機発表資料より)

ヤマハ発動機は、2017年に生産終了していたフリーライドプレイバイク「TRICKER」を、排出ガス規制に適合する形で復活させ、「tricker(トリッカー)XG250」の名称で2018年9月20日より発売すると発表した。 08/29 10:52

サウジアラムコ社、産総研、マツダは協働で、「低CO2燃料の開発および当該燃料を使用する内燃機関の研究」を推し進める。表はWell-to-WheelとTank-to-Wheelの概念図

マツダは、サウジアラムコ社(Saudi Aramco)および日本の国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)と、内燃機関の効率化とCO2排出量低減の有効性検証に関する共同研究を開始すると発表した。 08/09 11:28

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告