書籍はどこで購入する?オンライン書店はどこまで浸透したか

2018年7月12日 16:49

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

MMD研究所は、15歳~69歳の男女5,000人を対象に2018年6月22日~6月25日の期間で「オンライン書店の利用に関する調査」を実施した。

MMD研究所は、15歳~69歳の男女5,000人を対象に2018年6月22日~6月25日の期間で「オンライン書店の利用に関する調査」を実施した。[写真拡大]

写真の拡大

MMD研究所は、15歳~69歳の男女5,000人を対象に2018年6月22日~6月25日の期間で「オンライン書店の利用に関する調査」を実施した。

 書籍を購入したことがある場所を聞いたところ(複数回答可)、「街中などの書店」が47.7%と最も多く、次いで「オンライン書店で現物の本の購入」が35.1%、「デパートなど商業施設の中の書店」が32.5%となった。男女別で見ると、男性は「街中などの書店」が47.7%と最も多く、次いで「オンライン書店で現物の本の購入」が33.8%、「ブックオフ」が32.6%だったのに対し、女性は男性同様「街中などの書店」が47.7%と最も多く、次いで「オンライン書店で現物の本の購入」が36.4%、「デパートなど商業施設の中の書店」が33.9%となった。

 オンライン書店で書籍を購入したことがある人を対象に、オンライン書店を利用した理由を聞いたところ(複数回答可)、男性で最も多かった回答は「書店にいかなくても注文ができるから」が41.8%と最も多く、次いで「書店に置いてない書籍が購入できるから」が40.9%、「品ぞろえが豊富だから」が37.9%となった。一方女性で最も多かった回答は「書店にいかなくても注文ができるから」が49.3%、次いで「時間を問わずいつでも検索、注文できるから」が47.0%、「書店に置いてない書籍が購入できるから」が43.8%となった。

 オンライン書店で書籍を購入したことがある人を対象に、オンライン書店の中で利用したことがあるサービスを聞いたところ(複数回答可)、男性で最も多かったサービスは「Amazon」で78.9%、次いで「楽天ブックス」が61.1%、「Yahoo!ショッピング」が23.3%となった。女性も男性同様に「Amazon」で76.0%、次いで「楽天ブックス」が60.2%、「Yahoo!ショッピング」が17.4%となった。

 オンライン書店で書籍を購入したことがある人(n=1,753)を対象に、オンライン書店を利用する上で重要なポイントを聞いたところ(複数回答可)、男性で最も多かった回答は「送料が無料」が62.4%と最も多く、次いで「品ぞろえが豊富」が45.5%、「ポイントが貯まる」が41.7%となった。女性も男性同様に「送料が無料」が67.9%と最も多く、次いで「品ぞろえが豊富」が49.3%、「ポイントが貯まる」が45.0%となった。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
アマゾン戦略と雑誌発売日変更で、「版元+取次+書店」伝統的関係の機能不全が浮き彫り
書籍の取扱に差 コンビニの対応とは
アマゾン、実店舗を利用した価格比較行動の阻止に動く
2016年に倒産した「書店」は25件 前年比1.5倍増に急増
15年度の出版関連業者の総売上高は減少するものの、文芸ヒット続き「書店経営」のみ増加

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード楽天AmazonYahoo!MMD研究所

「ライフの話題」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告