料理動画を見るときのメディア 最多は「料理動画アプリ」

2017年5月14日 16:37

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 MMD研究所は、20歳から49歳のスマートフォンを所有している女性552人を対象に「料理動画に関する利用実態調査」を実施した。

 まず、20歳から49歳のスマートフォンを所有している女性552人を対象に、料理をする時に参考にしているものを聞いたところ、86.2%の人が「参考にしている」ことがわかった。さらに、参考にしている人(n=476)の56.7%が「レシピ検索(アプリ)」と回答し、続いて「レシピアプリ」が38.4%「レシピ検索サービス(ブラウザ)」が37.2%となった。

 料理動画を見ると回答した人(n=125)を対象に動画を見るときに使用するデバイス(複数回答)について聞いたところ、「スマートフォン」が96.0%と最も多く、次いで「タブレット」が16.8%、「パソコン」が16.8%となった。

 続いて、料理動画を見るときのメディア(複数回答)について聞いたところ、「料理動画アプリ」が55.2%と最も多く、次いで「YouTube」が40.8%、「ブラウザ」が26.4%となった。

 料理動画を参考にしている回答した人(n=125)を対象に見たことがある動画のサービス(複数回答)を聞いたところ、「クックパッド料理動画」が49.6%と最も多く、次いで「DELISH KITCHEN」が46.4%、「kurashiru」が36.8%となった。

 料理動画を見ると回答した人(n=125)を対象に動画を見るときのシチュエーション(複数回答)を聞いたところ、「料理中」が60.0%と最も多く、次いで「ベッド/布団の中」が32.8%、「テレビ視聴中」が21.6%となった。(編集担当:慶尾六郎)

■関連記事
米ベンチャー企業が空飛ぶ車を開発 年内発売目指す
0~7歳児の7割がスマホ利用 スマホと育児に賛否別れる
アジア14都市のインターネット利用者はスマートフォンでの利用が主流
YouTubeの視聴時間 合計で1日あたり10億時間に
メガネ以外にもできるブルーライト対策

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードYouTubeMMD研究所

広告