NEDO、国産RDBを開発へ 5年で25億円投入

2019年10月25日 09:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、新たなリレーショナルデータベース開発プロジェクトを進めているという(日経xTECH)。

 このプロジェクトはNECおよびノーチラス・テクノロジーズ、東京工業大学、大阪大学、名古屋大学、慶應義塾大学、パスコによって進められているもの。インターフェイスはPostgreSQL互換で、OLTPとOLAPの両方をサポートする。

 ノーチラス・テクノロジーズによる日本PostgreSQLユーザー会での発表概要によると、「Project Tsurugi」という名前だそうだ。2019年時点での成果報告書も出ている

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | ソフトウェア | 政府 | データベース

 関連ストーリー:
NEDO、助成金不正受給疑惑のPEZYに対し補助金交付を当面停止に 2017年12月30日
中国・Alibaba参加のAnt Financial、「世界一」のデータベースクラスタを構築 2019年10月24日
米中貿易戦争の影響で躍進する中国のオープンソースデータベース開発企業 2019年06月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNEC慶應義塾大学名古屋大学大阪大学新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)東京工業大学

広告

広告

写真で見るニュース

  • 純正パーツを装着したホンダ・S2000(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ホンダ「S2000」純正バーツ装着イメージ。(画像: ホンダアクセスの発表資料より)
  • 新型アコード。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース