1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > 機械・プラント
  5.  > 川崎重工業(1)

川崎重工業のニュース一覧

「電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム」は、日本での電動二輪車普及に向け、相互利用を可能にする交換式バッテリーとそのバッテリー交換システムの標準化(共通仕様)に合意したと発表した。 03/31 08:43

「コロナ禍で密回避という気運の高まりもあり、注目が高まった」とも指摘される、産業用ロボット(以下、ロボット)業界。 02/22 17:33

川崎重工、2Q累計の売上高は前期比792億円の減収 車両は増収も宇宙航空システムの大幅減収が主要因

山本克也氏:山本です。 01/29 09:00

戦略輸送機の運用では、ほぼ海外のある程度整備された基地に離着陸することが考えられている。 11/11 08:44

川崎重工・C-1は、C-46などの老朽化と国内カーゴシステムの確立のため設計された。 11/05 10:28

話を川崎重工・C-1ジェット輸送機に戻そう。 11/02 15:02

しかし裏を言えば、当時の、航空機設計者はほとんど戦前の軍用機設計者であり、「航空研究所試作長距離機」略して「航研機」が周回飛行の世界記録を作ったが、この「航研機」の設計者である木村秀政が、旅客機の設計には最も適していたことは間違いあるまい。 10/31 09:27

航空自衛隊の川崎重工・C-1輸送機が退役していく。 10/30 15:06

米中関係が悪化し、尖閣諸島周辺で中国が不穏な動きを強めている。 09/30 13:56

本田技研工業、川崎重工業、スズキ、ヤマハ発動機のバイク4社が参加する「電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム」が、交換式バッテリー電動二輪車実証実験「e(ええ)やん OSAKA」に連携

本田技研工業、川崎重工業、スズキ、ヤマハ発動機のバイクメーカー4社が、日本国内における電動二輪車の普及を目的に設立した「電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム」が、2020年9月より大阪府内で行われる交換式バッテリー電動二輪車実証実験「e(ええ)やん OSAKA」に連携していくと共同発表した。 08/21 08:55

水素エンジンについては元々日本のメーカーが先行していた。 08/10 14:21

カワサキモータースジャパンは、250ccクラスの新型二輪「カワサキ・ニンジャZX-25R」を9月10日に発売すると発表した。 07/22 18:57

自動車産業をはじめ、近年、日本の製造業の信頼が揺らいでいる。 02/12 18:05

川崎重工業が世界初という水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」を開発、12月11日に進水式を行った(プレスリリース、産経新聞、日経ビジネス)。 12/18 22:48

休眠状態となっているイタリアの二輪車メーカービモータを川崎重工業が支援する形で合弁会社を立ち上げる。 11/09 09:11

地上局のアンテナ。(画像:川崎重工業発表資料より)

川崎重工業は、スペースデブリ除去衛星運用のための地上局を岐阜県の同社工場に設置した。 10/05 11:31

(c) 123rf

川崎重工業は5日、京都市新山科浄水場において、導水トンネル築造工事向け高水圧対応の岩盤泥水式シールド掘進機1基を受注したと発表した。 08/12 12:04

交換式バッテリーパック「Mobile Power Pack」2個を搭載したホンダの125ccクラス原付2種の電動スクーター「PCX ELECTRIC」

ホンダは交換式電池パックの事業拡大を目指し、既報した3輪シニアカー「EAMO」を含めて出力用の数種の新型バッテリーパック「Mobile Power Pack」搭載モデルをパシフィコ横浜で開催した「人とくるまのテクノロジー展2019」で展示した。 05/28 09:13

 1 2 3  次へ進む

広告