1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > 機械・プラント
  5.  > 川崎重工業(1)

川崎重工業のニュース一覧

休眠状態となっているイタリアの二輪車メーカービモータを川崎重工業が支援する形で合弁会社を立ち上げる。 11/09 09:11

地上局のアンテナ。(画像:川崎重工業発表資料より)

川崎重工業は、スペースデブリ除去衛星運用のための地上局を岐阜県の同社工場に設置した。 10/05 11:31

(c) 123rf

川崎重工業は5日、京都市新山科浄水場において、導水トンネル築造工事向け高水圧対応の岩盤泥水式シールド掘進機1基を受注したと発表した。 08/12 12:04

交換式バッテリーパック「Mobile Power Pack」2個を搭載したホンダの125ccクラス原付2種の電動スクーター「PCX ELECTRIC」

ホンダは交換式電池パックの事業拡大を目指し、既報した3輪シニアカー「EAMO」を含めて出力用の数種の新型バッテリーパック「Mobile Power Pack」搭載モデルをパシフィコ横浜で開催した「人とくるまのテクノロジー展2019」で展示した。 05/28 09:13

インドネシアでホンダとパナソニックが昨年スタートさせた、電動二輪車用の着脱可能な可搬式バッテリー「Honda Mobile Power Pack」のシェアリング実証研究、今回のコンソーシアムでの参考となるか

本田技研、川崎重工、スズキ、ヤマハ発動機の国内二輪車メーカー4社は、日本における電動二輪車の普及を目的とした「電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム」を創設し協働を開始すると正式に発表した。 04/08 08:43

アメリカのボーイング社は6日、同社が開発中であった次世代航空機のB777Xの1号機を3月13日にロールアウトすると、SNSを通して発表した。 03/06 21:27

試験車両のイメージ。(画像: JR東日本の発表資料より)

JR東日本は8日、現在開発を進めている新型新幹線試験車両「ALFA-X」の先頭車を公開した。 02/10 20:08

川崎重工業、3Qは増収減益 宇宙航空事業での新型エンジン開発費の償却負担増が営業益を押し下げ

富田健司氏:みなさん、こんにちは、富田です。 02/06 23:09

中部国際空港から米国のボーイング工場に部品を運ぶ「ドリームリフター」。(画像: 中部国際空港の発表資料より)

ボーイング747-400LCFは「ドリームリフター」と呼ばれ、中古のボーイング747-400を改修・改造したもの。 01/15 08:21

完成イメージ。(画像:川崎重工業発表資料より)

川崎重工業は、知多南部広域環境組合向けのごみ処理施設整備・管理運営事業を、建設事業190億3,284万円(消費税込、以下同)運営事業105億51.6万円で受注した。 11/13 20:17

川崎重工業、2Q経常益はマイナス149億円の大幅減 利益の通期予想も下方修正

富田健司氏:みなさん、こんにちは、富田です。 11/07 23:01

Ninja ZX-6R ABS。(画像:川崎重工業発表資料より)

川崎重工業は、600ccクラスのスーパースポーツモデル「Ninja ZX-6R ABS/Ninja ZX-6R」をモデルチェンジし、2019年モデルとして、10月上旬より導入国で順次発売すると発表した。 10/13 15:07

2017年1月、Hydrogen Council(水素協議会)」発足当初参加した世界の水素社会を推進するリーディングカンパニー13社が牽引して、現在53社の参画となった

2017年1月、スイスのダボスで発足した「Hydrogen Council(水素協議会)」は、世界初の水素に関するグローバル・イニシアチブとして、使用時にCO2を発生しないクリーンな燃料・エネルギーとして注目されている水素を利用した新エネルギー移行に向けた共同のビジョンと長期的な目標を提唱してきた。 09/07 11:55

Ninja H2 Carbon。(画像:川崎重工業発表資料より)

川崎重工業は、同社のフラグシップモデル「Ninja H2/Ninja H2 Carbon」を、2019年モデルとしてフルモデルチェンジすると発表した。 08/11 11:07

 1 2 3  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告