川崎重工、世界初の液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」を公開

2021年5月27日 09:33

印刷

記事提供元:スラド

川崎重工業は24日、世界初の液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」を報道陣向けに公開した。この船は液化水素を運用するための船で、全長116メートル、総トン数は約8千トン。液化水素を-253℃のまま移送する技術ことが可能。冷却して液化することにより、体積を800分の1に減らして大量輸送を行えるとしている(NHK産経新聞HySTRA)。

輸送可能な液化水素は1250立方メートルで、燃料電池車1.5万台分に相当するとされる。6月ごろから国内で液化水素の輸送に関する試験を行った後、年度内にオーストラリアに設置された褐炭ガス化・水素精製実証設備「J-POWERラトローブバレーサイト」で生成された水素を日本に輸送する実証実験を始めるとしている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | テクノロジー | 地球 | 電力 | サイエンス | 交通

 関連ストーリー:
2050年にカーボンニュートラルを達成するには電力量は現在の約5倍必要 2021年05月21日
JAXA、H3後継ロケットは1段目を再使用する方針で決定 2021年05月14日
政府が温室効果ガス削減目標を46%に拡大も、小泉大臣のおぼろげ発言で炎上 2021年04月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード燃料電池オーストラリア川崎重工業

関連記事