ホーム > ニュース一覧 > 政治・社会 > 国内政治 > 日本維新の会(1)

日本維新の会のニュース

結果は惨敗なのに 政治変えるには「共闘しかない」を確信と共産 民意は気にせずか

日本共産党は党常任幹部会で今回の総選挙の結果について「野党共闘で政権交代をはじめよう(と取り組んだ)最初のチャレンジとして、大きな歴史的意義があったと確信する」とした。
11/04 12:26

相場展望11月1日 衆院選挙イベント「お祝儀」⇒決算発表に注目 米バイデン政権は看板の財政支出と増税案を変更

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)10/28、NYダウ+239ドル、35,730ドル(日経新聞) ・市場予想を上回る決算を発表した銘柄が買われ、NYダウなどを押し上げた。
11/01 09:07

特別国会、会期は12月9日までの39日間に

1日召集された特別国会の会期が立憲民主など野党要求通り、来月9日までの39日間とすることになった。
11/02 10:58

8党党首が公示で訴え、アピールしたのは

憲法改正や原発問題、働き方など大きなテーマを抱えた選択選挙になっている衆議院議員選挙が10日公示され、各党代表が支持を訴えた。
10/11 23:31

希望公認192人、民進出身者は過去の言動との矛盾も

小池百合子都知事率いる希望の党が3日、10日公示、22日投開票で実施される衆議院議員選挙(総選挙)の第一次公認候補192人を発表した。
10/05 08:28

希望の党、民進合流組に安保政策支持など求める

小池百合子率いる希望の党は民進党からの合流組に対し、安保法制に対して「憲法に則り」と当然のことを明記したうえで「適正に運用する」とともに「不断の見直しを行い、現実的な安保政策を支持する」ことを求めた。
10/04 07:30

希望と維新が東京・大阪で小選挙区住み分け

東京、愛知、大阪の3都府県知事は30日、共同記者会見し、(1)しがらみのない政治(2)身を切る改革(3)真の地方自治の推進を図る改革政策で合意したことを発表するとともに、10月10日の公示、22日投開票で実施される総選挙対応について、小池百合子都知事(希望の党代表)は「東京と大阪で維新の党の皆様とは候補者の住み分けを図る」とした。
10/02 07:11

新党名は「立憲民主党」か「民進党」

民主党と維新の党の新党名が「立憲民主党」と「民進党」に絞り込まれた。
03/11 19:07

民主・維新、新党名の案公募に約2万の応募

民主党と維新の党が今月結党する新党の名前案を4日から3日間公募した結果、1万9933件の提案があった。
03/07 22:08

民主・維新 まず安保など3法案取り組みを確認

民主党と維新の党は18日の政策調整会議初会合で、今後、週1回のペースで会合を持ち政策調整を進めていくことを決めるとともに、まず、財政健全化法案、長時間労働規制法案、安保法案(集団的自衛権の行使容認部分を白紙化)に取り組むことを確認した。
12/19 23:36

民主、年内解党など全くない―岡田代表

民主党の岡田克也代表は17日の党の全国幹事長会議で「他の野党(維新の党)との関係で、年内にわが党が解党するなどということは全くない」と断言するとともに「次の国会に向けてなるべく大きな固まりをつくっていくという方向は持っており、国会で統一会派をつくることを目指したい」と維新の党と国会レベルでは統一会派を設けていく考えを示した。
11/18 10:39

民主・維新、年内解党 改革勢力一つに期待感

維新の党の松野頼久代表は12日の記者会見で「民主・維新ともに、できれば年内に解党し、他の野党も含めて、改革勢力が一つにまとまれば良いと思っている」との認識を示した。
11/13 11:56

橋下氏メール受け、幹事長続投決めた―維新・松野代表

市長選への応援をめぐり党内分裂も取り沙汰された維新の党だが、松野頼久代表は27日、橋下徹最高顧問(大阪市長)から「安保法制に集中し政権交代可能な野党を作るため、(1)柿沢未途幹事長は辞任しない(2)(松井一郎顧問・柿沢未途幹事長両氏の)公開討論会は開催しない(3)今党が割れるようなことはしない」とのメールを踏まえて、柿沢幹事長の続投を決めたと発表した。
08/29 18:10

政府は他国戦争の後方支援にえらく熱心―維新・柿沢氏

維新の党の柿沢未途幹事長は19日のNHK番組で「尖閣諸島に武装漁民が上陸するとか、小笠原諸島でのサンゴ密漁問題、中国の海洋進出などに対し領土領海領空、日本人の生命・財産を守るという法整備は政府から提案されていない」としたうえで「自国を守るということに不備があるのに、一方で、政府は自衛隊が遠くへ行って他国の戦争の後方支援をする事についてはえらく熱心だ。
07/21 12:05

政府案は歯止めがないも同然の規定―維新

維新の党の柿沢未途幹事長は15日の衆院安保特別委員会で政府の安保法案について、「政府の武力行使の新3要件における存立危機事態、すなわち、わが国と密接な関係にある他国への武力攻撃が発生し、それによりわが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由、幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態とは、集団的自衛権の限定容認と言いながら『歯止めがないも同然』の規定」と指摘した。
07/16 18:52

安保法案、国際法の専門家ら呼び国会で参考人質疑も―維新・柿沢氏

政府の安保法案に対案を提出している維新の党の柿沢未途幹事長は10日の記者会見で、衆院安保特別委員会に国際法の専門家や国際司法裁判所の判例、自衛権行使に詳しい専門家を招き、テレビの前で、参考人質疑を行うよう提案していく考えを示した。
07/12 16:51

与党に塩を送るような話にはのらない―民主

民主党と維新の党が共同提案する予定だった領域警備法案は、維新の党が安保法案の採決日程について提案したことから、決裂した。
07/08 16:42

街頭で安保廃案訴えた維新・初鹿議員、副幹事長辞任

維新の党の初鹿明博副幹事長(衆院議員、比例東京ブロック)は6月30日、副幹事長としての辞表を柿沢未途幹事長に提出、受理された。
07/02 11:38

維新の安保法案、学者の合憲チェック後に党間協議入り

維新の党の柿沢未途幹事長は6月30日の記者会見で、党としての安保法案について、今月2日に臨時役員会を開き、案を決定後、憲法学者に合憲かどうかチェックしてもらい、合憲となれば、自民、公明、民主の各党と党対党の協議に入りたいと語った。
07/02 11:37

「マスコミ懲らしめ」の自民・大西議員に2度目の厳重注意処分

安保法案に批判的な報道機関は懲らしめなければいけないんじゃないか、などと党任意の勉強会(文化芸術懇話会)で発言し、党から厳重注意処分を受けた自民党の大西英男衆院議員が、6月30日、記者団に対して、改めて「安保法案に全く事実無根の、戦争に導くあるいは徴兵制、全く関係ないじゃない。
07/02 11:35

大西議員に同調しているのか、安倍首相にはっきり語って頂く必要ある=維新・柿沢氏

自民党の大西英男衆院議員が30日、安保法案に批判的な報道機関に「懲らしめなければいけないんじゃないか」などと記者団の質問に答えたことについて、維新の党の柿沢未途幹事長は「菅義偉官房長官も国会答弁で(25日の文化芸術懇話会での大西議員の発言は)大変、非常識な発言だと言っているのに、そばから(30日)皆さん(記者団)に、スポンサーを通じてマスコミに圧力を掛ければいいんだということを公言するというのは、感覚を疑わざるをえない」と語った。
07/01 12:16

「お触れ出していない」自民党の谷垣幹事長

維新の党の柿沢未途幹事長は28日のNHK番組の中で「安保法制を徹底議論するという民放番組に自民党の議員を出さない、出るなというお触れを出したと言われているが、どういうことなのか」と谷垣禎一幹事長に質問した。
06/30 11:04

維新、来週に安保対案まとめ 国会提出時期未定

維新の党の柿沢未途幹事長は、安保法案の対案について「来週にも国会に提出するようなニュアンスで伝わっているかもしれないが、来週に党内意見を取りまとめるという趣旨なので、そういう理解でお願いしたい」と18日までに説明した。
06/18 22:36

安保法案、民主「協議するなら1年は必要」、維新は独自案提出

民主党の細野豪志政調会長は、菅義偉官房長官が安保法案で「野党の修正案に真摯に対応する」と修正に応じる姿勢を示していることに「政府の案はこれまでの安保法制の根幹を揺るがす大改正で、極めて重い。
06/17 15:59

維新の党、松野代表・柿沢幹事長体制に

維新の党の代表に松野頼久幹事長が選出された。
05/20 19:00

 1 2  次へ進む