新党名は「立憲民主党」か「民進党」

2016年3月11日 19:07

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 民主党と維新の党の新党名が「立憲民主党」と「民進党」に絞り込まれた。10日夜の両党の党名検討チームがそれぞれの案を提示。民主党は略称で民主を残したいとの思いもあったと思われ「立憲民主党」を、維新の党は改革を進める党の性格を色濃くしたいとの思いがうかがえ「民進党」を示した。12日、13日の世論調査を踏まえて新党名を決める意向。

 民主党の赤松広隆議員は新党名について「立憲主義によって真の自由と民主主義を断固と守り抜いていく」との思いとし「安倍政権の下で日本の政治、社会は大丈夫かという心配を国民の皆さんから頂いている中で、民主と維新が一緒になって、幅広い国民の皆さんと連帯して立憲主義を守る大きな渦を作っていきたい。日本の民主主義と自由を守っていこうという思いだ」と語った。

 維新の党の江田憲司議員は「読んで字のごとく、『民』とともに『進む』政党。国民の立場に立って政治を進めていく意味を込めた。『進』という字は進化、進歩という言葉があるように、改革を前進させていくという意味も込めた」と説明した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
市民と地域が主役の改革政党 新党カラー
新党名の案公募に約2万の応募 民主・維新
10削減と削減方式は答申通りにと議長に要請
自民はいずれの選挙でも改憲に触れてきた 菅氏
合流で1足す1を「3」に 岡田代表

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード民進党日本維新の会民主党江田憲司

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース