特別国会、会期は12月9日までの39日間に

2017年11月2日 10:58

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 1日召集された特別国会の会期が立憲民主など野党要求通り、来月9日までの39日間とすることになった。首相の所信表明演説や与野党の代表質問、予算委員会も行う。立憲民主の枝野幸男代表は「実質審議が一定程度行われる見通しとなった」とツイッターで発信した。

【こちらも】民進党、新代表に大塚耕平参院議員を選出

 また、1日の特別国会・衆議院で首班指名が行われ、自民党の安倍晋三総裁に312票、立憲民主党の枝野幸男代表に60票、希望の党の渡辺周元防衛副大臣に51票、民進党の大塚耕平代表に16票、日本共産党の志位和夫代表に12票、日本維新の会の片山虎之助共同代表に11票、前原誠司前民進党代表に1票、鷲尾英一郎元農林水産政務官に1票、無効票1票となり、安倍総裁が総理に指名された。

 参議院でも自民党の安倍総裁が151票、民進党の大塚代表48票、日本共産党の志位委員長14票、日本維新の会の片山共同代表11票、立憲民主党の枝野代表9票、希望の党の渡辺元防衛副大臣3票、藤末健三元総務副大臣2票、白票1票で安倍総裁が総理に指名された。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
総理へ言行不一致の誹り免れない 与党議員も
特別国会30日以上の確保を 野党が要求

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三自民党民進党共産党枝野幸男志位和夫前原誠司日本維新の会国会希望の党立憲民主党大塚耕平

関連記事