小野寺五典のニュース

NATOとの協力関係、幅広い分野で深化させる 防衛大臣

小野寺五典防衛大臣は外遊先のイタリアで、NATO・JFC司令官との意見交換後の記者会見で「NATOのサイバー防衛拠点であるエストニアのタリンの施設との共同訓練に是非、日本の自衛隊も参加したい」と語り「日本とNATOとの協力関係について幅広い分野で深化させていく旨を確認した」と述べた。
09/09 16:05

米マティス国防長官、米韓軍事演習中止は北との交渉を後押し

米国・マティス国防長官は29日、小野寺五典防衛大臣との会談後に、共同記者会見し、米韓合同軍事演習を中止することになったのは米朝首脳会談での合意の実効へ米国外交官の交渉を後押しするためである旨を語った。
07/01 23:58

日米防衛相会談、29日に開催

日米防衛相会談が29日行われる。
06/28 11:01

防衛相、秋田・山口訪問を調節 イージスアショア配備で

小野寺五典防衛大臣は19日の記者会見で、陸上型弾道ミサイル迎撃システム「イージスアショア」の秋田県と山口県への設置に向け、地元の理解と協力、地元住民らが懸念している課題の払拭へ自らも両県を早期に訪ねたいとし、調整中だとした。
06/21 08:58

防衛相、米軍によるF22ステルスの嘉手納暫定配備を評価

小野寺五典防衛大臣は5日の記者会見で米空軍が米朝会議を前にF22ステルス戦闘機を嘉手納基地に暫定配備したことへの受け止めを記者団に聞かれ「米側からF22戦闘機14機が5月30日から約1ヶ月間、暫定展開する旨の連絡があり、30日までに10機が飛来していることを確認している。
06/06 11:04

中国軍の南シナ海での活動拡大に懸念 防衛相

小野寺五典防衛大臣は22日の記者会見で、中国国防省が4月18日に「南部海域島嶼」で爆撃機による離着陸訓練を実施したと発表したことの受け止めを聞かれ、「南シナ海における航行の自由、シーレーンの安全確保は重要な関心事項」で「法の支配に基づく自由で開かれた海洋秩序を維持・強化するために国際社会が連携していくことが重要」と述べた。
05/24 14:26

河野外相、北の核開発は『南北統一の野心達成のため』

河野太郎外務大臣は20日の記者会見で、北朝鮮の核開発の動機が「南北統一の野心を達成するためのもの」との見方を明らかにした。
02/21 21:50

防衛相、敵基地攻撃能力は「現在、保有計画ない」

小野寺五典防衛大臣は5日の記者会見で、一部報道が、敵攻撃能力を可能にするミサイルの導入方針を政府が固め、来年度予算にミサイル導入のための戦闘機の改良費用などを計上するということを伝えているが、事実関係は、との記者団の問いに答え「関係経費を平成30年度予算に計上する方針を固めているわけではない」とした。
12/07 06:57

小野寺防衛相、暮れから年明けに戦後経験ない緊張の可能性も

小野寺五典防衛大臣は27日の記者会見で記者団から「大臣は衆議院議員選挙期間中に北朝鮮関連で、今年の暮れから年明けにかけ、戦後日本が経験したことがないぐらい緊張した局面を迎える可能性があるという話をしたけれども、その根拠は」と聞かれ、北朝鮮の米国本土に対する直接的な攻撃が可能な能力が備わる前に、米国が行動を起こす可能性を視野に話した旨を答えた。
10/30 10:47

日米韓、北朝鮮ミサイル発射想定の追跡訓練も

小野寺五典防衛大臣は23日夜の記者会見で、北朝鮮のミサイル発射を想定し追跡訓練を行うという一部報道に対し、否定せず「日米韓三か国が連携することは大変重要だと思っている。
10/24 23:46

空自、北海道・襟裳でPAC-3の機動展開訓練 弾道ミサイル対処能力向上へ

小野寺五典防衛大臣は今月31日にPAC-3機動展開訓練を北海道襟裳分屯基地で実施すると発表した。
10/23 10:48

小野寺防衛相、住民不安の米軍訓練あってはならない

小野寺五典防衛大臣は「安全保障環境が厳しさを増しており実践的な訓練を行うことは重要だが、訓練が地域住民に不安を与えることは決してあってはならない」と18日までの記者会見で語った。
10/19 07:00

韓国青瓦台、北が10日にICBMかSLBM発射「可能性高い」と

韓国・聯合ニュースは9日、韓国青瓦台(大統領府)が「北朝鮮が朝鮮労働党創建記念日の10日前後に弾道ミサイル発射などの挑発に踏み切る可能性が高いとみて、北朝鮮の動向を注視している」と報じた。
10/09 21:36

小野寺防衛相、北の動き緊張感持って対応 総選挙公示日と前後

小野寺五典防衛大臣は10月22日投開票で実施される衆議院選挙(総選挙)の公示日が10月10日で、この日は北朝鮮の朝鮮労働党の創建記念日にも当たることから、29日の記者会見で「北朝鮮にとって重要な記念日というふうに認識している。
10/01 08:57

小野寺防衛相、東京など守る朝霞駐屯地を視察

小野寺五典防衛大臣は26日、東京を含む防衛部隊、東部方面総監部のある朝霞駐屯地を視察。
09/28 07:29

小野寺防衛相、安全保障で選挙中も都内に待機

小野寺五典防衛大臣は26日の記者会見で「(25日の総理の記者会見で)北朝鮮問題について力強い外交を進め、北朝鮮に対し国際社会とともに毅然とした対応をとっていくということについて、国民に信を問うというお話があったかと思う」と10月22日の総選挙の国民に信を問うひとつに、対北朝鮮対応が含まれているとした。
09/27 07:37

在外邦人の保護訓練、自衛隊がジブチで実施

自衛隊が安保法制に基づく新任務「在外邦人等の保護措置」訓練をアフリカ・ジブチで今月下旬から実施する。
09/19 07:26

日米韓、北朝鮮ミサイル探知・追跡の訓練実施へ

韓国・聯合ニュースは18日、韓国国防部の情報として、今月から10月初めまでに「韓米日で北朝鮮ミサイルを海上で探知・追跡する訓練」を実施する計画と伝えた。
09/19 07:23

北朝鮮は核保有国の能力、小野寺防衛相が認識示す

小野寺五典防衛大臣は10日のNHK番組で北朝鮮の6回目の核実験が「水素爆弾だったとすればメガトン級まで出力を高めることができる。
09/11 10:41

小野寺防衛相、非核3原則は堅持

小野寺五典防衛大臣は8日の記者会見で、核を持たず、作らず、持ち込ませずの非核3原則について、記者団からの問いに「この原則について政府としては現在も(非核3原則を堅持するとの)従前と同じ考え方だというふうに思う」と堅持の考えを述べた。
09/11 10:38

小野寺防衛相、電磁パルス攻撃への防衛手段は研究中

小野寺五典防衛大臣は5日の記者会見で、北朝鮮が電磁パルス攻撃もできるということを表明していることを受けての日本の対応について聞かれ「EMP(電磁パルス)弾については防衛省も防御手法等を兼ねてから研究している」とし「平成30年度概算要求の中にもEMP弾の試作研究や防護技術の研究予算を計上している」と答えた。
09/06 11:27

横田など米軍基地 空自PAC-3機動展開訓練

小野寺五典防衛大臣は25日の記者会見で、航空自衛隊PAC-3高射部隊が29日と9月7日に横田、岩国、三沢の米軍基地でPAC-3の機動展開訓練を実施すると発表した。
08/26 11:11

日米防衛相会談、日米同盟の抑止力・対処力の一層強化で一致

小野寺五典防衛大臣とマティス米国防長官との日米防衛相会談がワシントン現地時間の17日午後2時10分から約50分間にわたり行われた。
08/19 11:34

北へ外交ルートで断固抗議 外務副大臣

佐藤正久外務副大臣は14日、北朝鮮がグアムの米軍基地包囲作戦でミサイル4発を同時発射する計画を今月中旬に完了するとしていることを受け、発射された場合、島根、広島など日本上空をミサイルが飛翔することを踏まえ、島根、広島、愛媛、高知の4県の知事からミサイル対応で緊急要請を受けたとツイッターで紹介した。
08/15 11:29

オスプレイ、米は大変重要な航空機と位置付け 小野寺防衛相

小野寺五典防衛大臣は14日、臨時記者会見し、北海道で行われている日米合同訓練へのMV-22オスプレイ参加については「今も調整中」とした。
08/15 11:27

 1 2  次へ進む