小野寺防衛相、電磁パルス攻撃への防衛手段は研究中

2017年9月6日 11:27

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 小野寺五典防衛大臣は5日の記者会見で、北朝鮮が電磁パルス攻撃もできるということを表明していることを受けての日本の対応について聞かれ「EMP(電磁パルス)弾については防衛省も防御手法等を兼ねてから研究している」とし「平成30年度概算要求の中にもEMP弾の試作研究や防護技術の研究予算を計上している」と答えた。

【こちらも】北朝鮮が日本に「電磁パルス攻撃」を行う可能性 危惧する指摘

 30年度は「強力な電磁パルスを発生し、センサ・情報システムの機能を一時的または恒久的に無力化するEMP弾構成要素(EMP放射部)を試作し、EMP防護技術に関する検討を実施する」ためとして14億円を予算要求している。

 小野寺大臣は「EMP自体の攻撃が実際にどのような影響があるのかということは知見が確定しているわけではないと思う」とも述べた。

小野寺大臣は「EMP弾を開発、研究する中で対処能力について、しっかり研究を積み重ねていきたい」としている。

EMP弾は高層大気圏で核爆発を起こすことにより、通信、情報機器の機能停止を狙うもので、北朝鮮の朝鮮中央通信は今月3日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の弾頭に搭載する水爆を視察したと報じた際に「この水爆用の核弾頭に関し、上空で爆発させることで幅広い地域に超強力な電磁波(EMP)攻撃ができると報じた」ことを韓国・聯合ニュースが伝えている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
総理6日からロシアへ 日露、日韓首脳会談予定
さらなる核実験はいつでも可能 北の情勢
北ICBM通常角度で発射に可能性、韓圧力強化
5日に衆院外務委員会(閉会中審査)
ミサイル防衛で抜本的能力向上目指す 安倍総理

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省韓国北朝鮮弾道ミサイル金正恩小野寺五典