1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 研究・開発
  5.  > iPS細胞(人工多能性幹細胞)(1)

iPS細胞(人工多能性幹細胞)のニュース一覧

研究の概要(理化学研究所の発表より)

理化学研究所(理研)や近畿大学などの研究グループは、遺伝性腎臓病の1つで難病とされる「若年性ネフロン癆(ろう)」患者由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)の樹立に成功したと発表した。 05/06 12:19

今回の研究の概要。(画像: 京都大学の発表資料より)

京都大学ウイルス・再生医科学研究所の河本宏教授らの研究グループが15日、ヒトのiPS細胞(人工多能性細胞)で再生したT細胞をヒト由来の腎ガン細胞に投与した結果、治療効果がみられたと発表した。 04/16 19:44

今回用いられた組織培養デバイスと、作製された血管を持つ人工組織(画像: 産業技術総合研究所の発表資料より)

産業技術総合研究所は14日、独自に開発した組織培養デバイスを使い、ミニ臓器等の三次元組織に主血管や毛細血管を作成する技術を開発したと発表した。 04/16 12:21

政府が、iPS細胞備蓄事業などを行なっている京都大学への支援について、来年度(2020年度)より打ち切る可能性を示しているという。 12/04 09:09

今回の研究の概要。(画像: 東京工業大学の発表資料より)

東京工業大学の研究グループは18日、iPS細胞において、遺伝子を安定化し、がん化等を防ぐ仕組みを解明したと発表した。 11/20 20:14

約60日間培養し形成されたミニ多臓器(左)と実体顕微鏡による観察像(右)(写真:東京医科歯科大学の発表資料より)

東京医科歯科大は26日、ヒトのiPS細胞から肝臓、胆管、膵臓といった隣接した臓器を同時発生させる技術を確立したと発表した。 09/26 17:29

日立が商品化したiPS細胞大量自動培養装置「iACE2」。(写真:日立製作所の発表資料より)

日立製作所(東京都千代田区)は11日、再生医療に使われるiPS細胞を大量に自動培養できる装置を日本で初めて製品化し、第1号機を大日本住友製薬(大阪市中央区)の再生・細胞医薬製造プラントに納入したと発表した。 03/13 16:19

iPS細胞を使った脊髄損傷治療の臨床研究計画が厚生労働省によって了承された。 02/20 23:50

骨髄や血管内の生体内において、乱流が発生しているときに巨核球から血小板が生成されて いることが分かった。それを応用して生体外で発生させる縦型培養装置を開発し、物理パラメータを適合させることによって、1千億個以上の血小板を作製することに成功した。(画像:日本医療研究開発機構発表資料より)

血小板は輸血において欠かせないものである。 07/16 06:57

高品質で高純度なヒトiPS細胞由来網膜神経節細胞の作製に成功し、緑内障の根本原因の解明を目指すことを、理化学研究所と東北大学の共同研究グループが発表した。 03/30 09:15

シード・プランニングは23日、国内における再生医療周辺産業の市場予測を発表した。 03/28 07:00

iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作られた心臓筋肉の細胞シートを心臓病患者に移植して治療する臨床研究について、大阪大学内の委員会は大筋で承認した。 03/02 07:06

(画像: 富士経済の発表資料より)

富士経済は21日、iPS・細胞製造プラント/培養受託など、研究のみならず治療での活用も広がりをみせるティッシュエンジニアリング関連市場について調査結果を発表した。 11/25 15:43

ノーベル賞を受賞した山中伸弥教授率いる京都大学・iPS細胞研究所が、ヒトiPS細胞から3次元的な心臓組織を作製し、不整脈を再現することに成功したと発表した(Nature Communications掲載論文)。 10/26 09:22

 1 2 3  次へ進む

広告

広告