1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > はやぶさ2(1)

はやぶさ2のニュース一覧

地球に水が誕生する3つの過程(写真:北海道大学の発表資料より)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)によるはやぶさ2が、小惑星リュウグウからサンプルを持ち帰る目的のひとつとして、地球上の生物の起源を探ることがある。 05/15 17:35

小惑星リュウグウは一時、太陽に接近した軌道にあったと考えられるそうだ。 05/10 18:37

人工クレーターを作り出すプロジェクタイルが衝突する前(左)と衝突後(右)の写真。(c) Arakawa et al.,2020

2019年4月5日、小惑星探査機「はやぶさ2」は、小惑星リュウグウに人工クレーターを生成する実験を行い成功した。 03/21 17:00

小惑星リュウグウの最高温度分布(左)と、1日の温度変化と予測値の比較(右) (c) Okada et al., Nature 2020

地球近傍小惑星群のひとつ「アポロ群」に位置するリュウグウの探査が宇宙航空研究開発機構(JAXA)の運営するはやぶさ2によって実施された。 03/19 06:21

リュウグウにタッチダウンするはやぶさ2のイメージ。(c) 池下章裕

JAXAが小惑星リュウグウに送り込んだはやぶさ2が、今年12月に地球に帰還する予定だ。 01/10 17:09

はやぶさ2の出発スケジュールの概要(写真:JAXAの発表資料より)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は13日、小惑星探査機はやぶさ2が、10時5分に小惑星リュウグウから地球に向けて出発したことを確認したと発表した。 11/15 08:55

10月3日、JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」から小型ローバ「MINERVA-II2」の分離が行われた。 10/04 18:48

はやぶさ2のCGイメージ。(c) JAXA

2014年12月3日に種子島宇宙センターから打ち上げられた「はやぶさ2」も、宇宙での滞在期間がやがて5年になろうとしている。 10/02 08:34

小惑星リュウグウ上の岩。所々に明るい部分が見える (c) MASCOT/DLR/JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が運用する「はやぶさ2」探査機が調査を続ける小惑星リュウグウ。 08/26 20:22

JAXAは22日に開催した記者説明会で、小惑星探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウで作った人工クレーターに「おむすびころりんクレーター」という愛称を付けたことを発表した。 08/24 18:25

JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」が、小惑星「リュウグウ」への第2回タッチダウンに成功した。 07/13 09:38

千葉工業大学の高速度衝突実験装置の概略図。(画像: 千葉工業大学の発表資料より)

天体どうしが衝突する際の速度は秒速数kmを超え、衝突の瞬間に運動エネルギーが熱エネルギーに転換される。 07/06 09:10

リュウグウが太陽に近づき7月初旬の着陸期限が迫る「はやぶさ2」だが、二度目の着陸を実施すべきか/すべきでないかについて、宇宙NPOの日本惑星協会が応援メッセージの募集を開始した(募集ページ、毎日新聞)。 06/19 22:46

イトカワの微粒子。(c) JAXA

研究者たちの間では、太陽系の小惑星に水分が存在するという認識は一般的なものになっている。 05/02 19:27

 1 2 3 4  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • RSプロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • Disk画像の一例 (c) NASA
  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告