1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 宇宙技術・天体
  5.  > 重力レンズ(1)

重力レンズのニュース一覧

重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.

2019年4月、M87銀河の中心に位置する巨大ブラックホールの撮影に成功したことは、記憶に新しいだろう。 04/04 11:57

研究グループが開発したAIツール「ダークエミュレータ」の概要 (c) 京都大学基礎物理学研究所、国立天文台

宇宙上の物質分布は一様ではなく、銀河が網状に散らばった構造をしている。 02/10 08:30

アンドロメダ銀河と天の川銀河の位置関係を示す概念図 (c) Kavli IPMU

故スティーヴン・ホーキング博士は、ダークマターは原始ブラックホールであるというアイディアを遺した。 04/04 20:18

欧州宇宙機関(ESA)が、2014年に発見された銀河団「ACT-CL J0102-4915」の写真を公開した(sorae)。 02/21 14:48

GroundBIRD望遠鏡(画像: 高エネルギー加速器研究機構の発表資料より)

高エネルギー加速器研究機構は26日、宇宙背景マイクロ波背景放射(CMB)の偏光観測を行なえる新型望遠鏡「GroundBIRD(グランドバード)」を茨城県つくば市で公開した。 11/28 21:04

ブラックホールが引き起こす重力レンズ効果によって、超新星が明るくなる様子 (画像: カリフォルニア大学バークレー校の発表資料より (c) Miguel Zumalacárregui)

宇宙には「ダークマター」と呼ばれる質量をもたない謎の物質が浮遊すると考えられている。 10/13 19:22

すばる望遠鏡とHSCが解明した暗黒物質の分布。時代が進むにつれ、濃淡が増す。(c) HSC project /UTokyo

国立天文台は26日、すばる望遠鏡に搭載された「HSC(Hyper Suprime-Cam)」と呼ばれるカメラにより、暗黒物質(ダークマター)の空間分布を示す地図を作成。 09/27 21:51

ハッブル宇宙望遠鏡により撮影されたイカロスの画像。左は銀河団 MACS J1149+2223におけるイカロスの出現位置を示している。右はイカロス付近のハッブル宇宙望遠鏡画像の拡大図。 2011 年(右上)には観測されていなかったイカロスが 2016 年(右下)の観測で出現していることがわかる。(credit: NASA/ESA/P. Kelly)

東京大学と東北大学は、ミネソタ大学の主導する国際共同研究チームに参加し、ハッブル望遠鏡による観測によって、地球から90億光年離れた渦巻銀河の中にある星「MACS J1149+2223 Lensed Star 1」の観測に成功した。 04/06 06:53

天の川銀河系外に惑星があることをアメリカのオクラホマ大学の天体物理学者Dai教授とGuerras博士の共同チームが発見し、天文学の専門誌に掲載された。 02/08 21:31

ハッブル宇宙望遠鏡で観測された画像に含まれていた、重力レンズによって拡大された銀河の画像を演算処理することで、従来よりも10倍「シャープ」な画像を得ることに成功したそうだ(NASA、NewsWeek、Slashdot)。 07/12 20:57

今日の技術では太陽系外惑星の表面を観測することなど夢物語であるが、太陽を「重力レンズ」として用いることで、全長数百天文単位にも上る超巨大な望遠鏡を作り出し観測するという途方もない案が考えられているようである。 05/18 09:29

Hyper Suprime-Cam で観測された天体画像の一部 (大きさ 14 分角 × 8.5 分角) と、解析で得られたダークマター分布図 (等高線)。(国立天文台/HSC Project)

国立天文台や東京大学などからなる研究チームは、すばる望遠鏡に新しく搭載された超広視野主焦点カメラ「Hyper Suprime-Cam(ハイパー・シュプリーム・カム)」を用いて、銀河団規模のダークマターがある領域に集中していることを明らかにした。 07/06 18:04

今回の研究成果の模式図。(地球の画像:気象庁ホームページ、アルマ望遠鏡の画像:ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/C. Collao (ALMA) )

東京大学理学系研究科の田村陽一助教と大栗真宗助教および国立天文台の研究グループは、アルマ望遠鏡がとらえた117億光年彼方のモンスター銀河「SDP.81」の画像を最も精緻に再現できる重力レンズ効果モデルを発表した。 06/11 15:31

アルマ望遠鏡(オレンジ)とハッブル宇宙望遠鏡(青)で観測したSDP.81。アルマ望遠鏡では重力レンズ効果により引き伸ばされたSDP.81の姿が、完全な円形に見えている。ハッブル宇宙望遠鏡では重力レンズの原因となっている手前の銀河が見えている。また、アルマ望遠鏡の解像度がハッブル宇宙望遠鏡を上回っていることもわかる。Credit: ALMA (ESO/NAOJ/NRAO); B. Saxton NRAO/AUI/NSF; NASA/ESA Hubble Space Telescope

アルマ望遠鏡を使った観測で、117億光年かなたの銀河SDP.81を解像度0.023秒角で鮮明に写し出すことに成功した。 04/09 15:11

 1 2  次へ進む

広告

広告