1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > IT・情報通信業
  5.  > 富士通研究所(1)

富士通研究所のニュース一覧

旭酒造の日本酒醸造現場(画像: 富士通の発表資料より)

旭酒造と富士通、富士通研究所は19日、日本酒造りを支援するAI予測モデルを用いて、日本酒の醸造を行う共同実証実験を実施することを発表した。 04/22 18:00

リチウムイオン伝導度の推定(写真:富士通の発表資料より)

材料シミュレーションと人工知能(AI)を組み合わせたマテリアルズ・インフォマティクス(MI)技術の有効性が、全固体電池の開発で実証された。 03/18 22:06

店舗への適用イメージ(画像: 富士通の発表資料より)

富士通は6日、「洋服の青山」来店者の視線からその心理をAI技術によって分析し、店員の接客業務を支援する実証実験を行うと発表した。 03/07 20:57

120Gbpsの無線通信を実現したCMOS無線送受信チップ。 (画像:東京工業大学発表資料より)

東京工業大学と富士通研究所の共同開発による広帯域ミリ波無線送受信機が、世界最高速度を更新する毎秒120ギガビットの無線伝送に成功した。 02/19 20:16

コネクテッドカーの構造とサイバー攻撃。(画像: 富士通の発表資料より)

自動車のサイバー攻撃が不安な人に朗報だ。 02/01 12:08

開発したLPWAセンサーデバイスとクラウド経由での利用シーン・データの流れ(写真:富士通研究所の発表資料より)

富士通研究所は4日、低消費電力で広い領域を対象にできる無線通信技術であるLPWA(Low Power Wide Area)に対応した電池交換不要の世界最小センサーデバイスを開発し、7キロメートルの長距離無線通信に成功したと発表した。 12/06 06:47

カーボンナノチューブを放熱材料として適用(写真:富士通研究所の発表資料より)

富士通研究所は11月30日、高熱伝導性と耐熱性を両立する垂直配向カーボンナノチューブ(CNT)から構成された世界最高の放熱性能を持つ高熱伝導カーボンナノチューブシートの開発に成功したと発表した。 12/03 15:40

開発技術概要(写真:富士通研究所の発表資料より)

富士通研究所と富士通は20日、人工知能(AI)による深層学習のデータ構造と、専門的な知識を蓄積したナレッジグラフという知識ベースを関連付けることにより、AIの推定結果から、推定理由や学術的な根拠を提示する技術を開発したと発表した。 09/21 16:21

開発したウェアラブル型ハンズフリー音声翻訳端末の外観(写真:富士通研究所の発表資料より)

富士通研究所は19日、医療現場での診察、看護など両手が塞がりやすい業務に適したウェアラブル型のハンズフリー音声翻訳端末を世界で初めて開発したと発表した。 09/20 20:09

新ネットワークシステムのプロトタイプ機。(写真:産総研発表資料より)

国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)のデータフォトニクスプロジェクトユニットを中心とした研究開発チームが、光スイッチによって光信号を電気信号に変換せず光のまま交換し、既存の通信システムと比べて圧倒的な超大容量・超低電力消費・超低遅延を実現する、新たな普及型情報通信ネットワークシステムの開発に成功した。 03/21 11:51

大学入試問題は問題文を解析する自然言語処理をはじめ様々な技術が求められる統合的な課題で、点数と偏差値により成果を定量的に評価することが可能なタスクである。 11/28 09:10

注目を集めているのが人工光合成。これは太陽光と水とCO2を用い、酸素と水素および有機物などの貯蔵可能なエネルギーを人工的に生成する技術である

将来に向けた持続可能な地球環境社会を構築していくためには、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスを低減していくことが急務であり、化石燃料に頼らない貯蔵可能なクリーンなエネルギーの創出が望まれている。 11/13 22:34

文字認識の分野は人工知能の活用による業務の効率化が有望な分野であるという。 11/11 09:56

コールセンターや遠隔教育サービスなどの遠隔コミュニケーションや、銀行窓口などの実社会でのコミュニケーションでは、応対者による顧客への対応が企業イメージに直結することから、応対者への教育が重要視されているという。 10/22 19:01

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告