1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > エンタメ
  4.  > アニメ・マンガ・特撮
  5.  > ディズニー(1)

ディズニーのニュース一覧

The Walt Disney Company(ディズニー)が傘下の映画スタジオ「20th Century Fox (20世紀フォックス)」と「Fox Searchlight Pictures (FOXサーチライト・ピクチャーズ)」の名称から「Fox」を外し、「20th Century Studios」と「Searchlight Pictures」にブランド変更したそうだ。 01/20 13:19

東京ディズニーシーは、春のスペシャルイベント「ディズニー・イースター」を、2020年3月27日(金)から6月12日(金)まで開催する。 01/17 18:39

グッチ(GUCCI)は、ウォルト・ディズニーによるミッキーマウスのオリジナルイラストをフィーチャーした「ディズニー X グッチ(DISNEY X GUCCI) 限定コレクション」を2020年1月20日(月)よりグッチ ショップおよびグッチ公式オンラインショップで発売予定だ。 01/12 07:58

【映画興収レポート/2020年正月映画】20年の正月映画の興行成績をまとめた(1月5日時点)。写真:『アナと雪の女王2』 (C)2019 Disney. All Rights Reserved.

【映画興収レポート/2020年正月映画】20年の正月映画の興行成績をまとめた。 01/09 07:11

11月22日に公開となり、12月31日には興行収入100億円を突破した『アナと雪の女王2』が、1月5日までに興収112億8878万円、観客動員882万人を記録したことがわかった。写真:(C) 2019 Disney. All Rights Reserved.

11月22日に公開となり、12月31日には興行収入100億円を突破した『アナと雪の女王2』が、1月5日までに興収112億8878万円、観客動員882万人を記録したことがわかった。 01/07 08:52

炎上したり、それでもやっぱり大ヒットしたり、話題に事欠かない元ネタ作品。写真:『ヲタクに恋は難しい』 (C)ふじた/一迅社  (C)2020映画「ヲタクに恋は難しい」製作委員会

炎上したり、それでもやっぱり大ヒットしたり、話題に事欠かない元ネタ作品。 01/04 12:37

2020年はどんな作品が話題になりそうか。写真:『映画ドラえもん のび太の新恐竜』 (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2020

2020年はどんな作品が話題になりそうか。 01/02 23:38

20年に注目したい映画界5大トピックをまとめた。写真:東京2020オリンピックは7月24日から、パラリンピックは8月25日からスタートする

20年に注目したい映画界5大トピックをまとめた。 01/01 10:48

19年は定額制ネット動画配信サービスの競争が激しさを増した。写真:Netflix『全裸監督』公式サイトより

19年は定額制ネット動画配信サービスの競争が激しさを増した。 12/30 07:40

GU(ジーユー)から、「ディズニー」「サンリオ」「コカ・コーラ」のウェアが登場。 12/27 19:34

映画興行の好調、特殊スクリーン急増、ディズニーの一人勝ち状態など、ビジネス面から見た、2019年の映画業界5大ニュースをまとめた。写真:大ヒット中の『アナと雪の女王2』  (C)2019 Disney. All Rights Reserved.

映画興行の好調、特殊スクリーン急増、ディズニーの一人勝ち状態など、ビジネス面から見た、2019年の映画業界5大ニュースをまとめた。 12/27 09:48

キングコングの西野亮廣が製作総指揮・原作・脚本をつとめるアニメーション作品『映画 えんとつ町のプペル』が、2020年12月のクリスマスに公開されることが分かった。写真:映画『えんとつ町のプペル』イメージビジュアル (C)Akihiro Nishino/Yoshimoto Kogyo Co., Ltd

キングコングの西野亮廣が製作総指揮・原作・脚本をつとめるアニメーション作品『映画 えんとつ町のプペル』が、2020年12月のクリスマスに公開されることが分かった。 12/25 07:37

2019年の全米興行ランキング1位は『アベンジャーズ/エンドゲーム』。写真:『アベンジャーズ/エンドゲーム』 (C) Marvel Studios 2019

2019年の全米興行ランキング1位は『アベンジャーズ/エンドゲーム』。 12/24 20:53

先日、ディズニーのアニメ映画「アナと雪の女王2」の宣伝のため、Twitter上でイラストレーターや漫画家に対し「PR」などの表記なしにこの映画に関する投稿を行わせていたことが発覚、これに対し「ステルスマーケティング(ステマ)」だとの批判が起きているが、山本一郎氏によるとこの騒動には大手広告代理店の電通が関わっており、ディズニーに対し電通は「10億円単位のペナルティを払うかもしれない」という。 12/20 09:21

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告