マツダ「 CX-5」「アテンザ」全グレードに「i-ACTIVSENSE」標準装備

2017年8月4日 08:22

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

全グレードにマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備した「CX-5」、同時にアテンザも同様の改良を受けた

全グレードにマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備した「CX-5」、同時にアテンザも同様の改良を受けた[写真拡大]

写真の拡大

 マツダは、「マツダ CX-5」「マツダ アテンザ」をマイナーチェンジし、全機種にマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備したと発表した。

【こちらも】マツダ、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を17年度中に標準装備化へ

 マツダは運転初心者から高齢者まで、すべてのマツダ車ユーザーに安全・安心なクルマを提供することを目的に、2017年度中に国内で販売する主要5車種に「i-ACTIVSENSE」技術を標準装備することを公表していた。今回マイナーチェンジして発売する「CX-5」および「アテンザ」は、「デミオ」、「CX-3」に続くマツダの先進安全技術を標準装備したモデルとなる。

 今回、「CX-5」および「アテンザ」の全グレードに、認知支援技術の「先進ライト」と「車線逸脱警報システム」を標準装備。この2つの認知支援技術と、すでに全機種で標準装備している「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」と「AT誤発進抑制制御[前進時]」のふたつの衝突回避支援・被害軽減技術を標準装備したことで、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車(セーフティ・サポートカー)」のうち、とくに高齢ドライバーに推奨される技術を搭載した「セーフティ・サポートカーS(略称:サポカーS)」の「サポカーS・ワイド」に、「CX-5」「アテンザ」の全機種が該当したことになる。

 さらに、車線変更時などに斜め後方から接近する車両を知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング」や、駐車場で後退しながら出る際などに接近する車両を知らせる「リア・クロス・トラフィック・アラート」など、車両周囲の危険認知と安全運転をサポートする先進安全技術も、新たに全機種に標準装備した。

 サポカーS・ワイドに該当する安全技術として、「CX-5」「アテンザ」全機種に標準装備となる「i-ACTIVSENSE」技術は以下のとおりだ。

「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」「AT誤発進抑制制御[前進時](AT車のみ)」「先進ライトシステム/ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)」「車線逸脱警報システム(LDWS)」

 マツダは、安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)」に基づき、今後も人間を中心に考えた安全技術の研究・開発に取り組み、すべてのマツダ車ユーザーに「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を持つ商品を提供していくとしている。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
マツダ、3列シートの新型SUV「CX-8」の外観画像を先行公開、今秋発売
マツダ、CX-3に2リッターガソリンエンジン搭載車を追加、正式発表
カタログ燃費と実用燃費の乖離はなくなるか、「マツダCX3」WLTCモード認可
セダン不調は世界的な流れ バリエーションの統廃合も?
マツダ、3列シート採用の新型SUV「CX-8」を今秋国内発売

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマツダアテンザ経済産業省国土交通省CX-5CX-3i-ACTIVSENSEデミオ

広告

広告

写真で見るニュース

  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
 

広告

ピックアップ 注目ニュース