1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > 自動車・二輪車・部品
  5.  > アルピーヌ(1)

アルピーヌのニュース一覧

スープラの復活は、2019年上半期における自動車業界最大のトレンドであろう (画像:トヨタ自動車の発表資料より)

スープラやNSXなど、かつてカーマニアを熱狂させたスポーツカーが、近年相次いで復活している。 08/13 08:40

「A110S」(画像: アルピーヌの発表資料より)

フランス、ルノーグループのアルピーヌ・A110に、新型車が加わった。 06/23 18:09

専用ボディカラーとしてノワールプロフォンMを採用、ブラックレザー仕様Sabelt製スポーツシートを装着したアルピーヌA110ノワール、限定30台、価格829.0万円

アルピーヌ・ジャポンは、アルピーヌA110の限定車2機種を発売する。 06/07 20:02

「スバル・シンメトリカルAWD」(画像: スバルの発表資料より)

このほど、アルピーヌ・ジャポンが新型「アルピーヌA110」の左ハンドル車を日本で販売中止とした。 02/17 10:26

現在日本を含む世界中で約3000台がバックオーダーを抱える新型アルピーヌA110。日本国内でも左ハンドル車を用意していたが、一旦販売を終了する

昨年、欧州販売を開始したミッドシップスポーツ、アルピーヌA110が売れている。 02/08 10:10

日産・GT-RはアメリカンGTの真似から始まり、現在ではモンスターマシンと化している。 12/18 21:25

銀座で展示されている「スカイライン2000 GT-R レーシングコンセプト」。(画像: 日産自動車の発表資料より)

そして、モデルチェンジ(通称ハコスカ登場)を受けたスカイライン1800のノーズを、今度は少し大人しく15cmだけ伸ばしてスカイライン2000GTが生まれた。 12/18 19:53

先日、カルロス・ゴーンが逮捕されたとき、銀座では日産「GT-R50 by イタルデザイン」が1972年「スカイライン2000 GT-R レーシングコンセプト」と同時に展示されていた。 12/18 18:58

新型アルピーヌA110。(画像: ルノーの発表資料より)

ルノーのアルピーヌA110は、乗り心地もそれほどハードではなく、専用開発されたミシュランタイヤと共に、初代のRRの特性を生かした切れ味を持ちながら細かい振動もよく吸収しているようだ。 12/14 08:16

新型アルピーヌA110。(画像: ルノーの発表資料より)

A110初代はRR(リアエンジン・リアドライブ)だったが、これがラリーシーンでは、ラフロードのドリフト走行を強いられる条件で、有効に機能していた。 12/03 21:54

新型アルピーヌA110 (画像: ルノーの発表資料より)

日産とルノーの覇権争いが、アンダーグラウンドで激しく行われているのが現実のようだ。 12/01 10:53

アルピーヌ A110ピュア(画像はルノーの発表資料より)

アルピーヌ・ジャポンは、新型アルピーヌ A110のカタロググレード、「ピュア」と「リネージ」の販売開始に先立ち、9月25日~10月24日までの間、アルピーヌ・ジャポン オフィシャルウェブサイトで先行予約を受け付けることを発表した。 09/22 16:52

在日仏大使館公邸でお披露目となった新型「アルピーヌA110プルミエール・ エディション」、世界で1955台、日本で50台の限定モデルだ。価格は790.0万円

仏のスポーツカーブランド「アルピーヌ」が復活した。 06/25 16:58

広告

財経アクセスランキング

広告