1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > インターネット・セキュリティ(5)

インターネット・セキュリティのニュース(ページ 5)一覧

人気のRubyGemパッケージに似たパッケージ名を付け、タイプミスを狙ってダウンロードさせようとする悪質なRubyGemパッケージが短期間に多数公開され、多数ダウンロードされていたそうだ。 04/20 08:52

GitHubが今まで有償で提供してきたチーム向け機能の一部を無料で提供することを発表した。 04/17 09:06

先日、英国で5Gの電波塔がコロナウイルス感染拡大につながっているとのデマが広まるという話があった。 04/13 20:53

ネット銀行やSNSへのログインに必要なワンタイムパスコード(OTP)の複雑な手続きを簡略化するため、AppleのエンジニアはSMS認証の標準化を提案している。 04/10 18:56

Zaimが4月6日、新型コロナウイルス感染拡大による損害に対する支援金や手当などを試算できる「手当・支援金シミュレータ」を公開した(ITmedia)。 04/08 17:45

Web会議サービス「Zoom」に対し「危険」との声 Anonymous Coward曰く、 昨今利用例の多いオンライン会議サービス「Zoom」に対しては以前よりセキュリティへの懸念が出ていたが、今度は暗号化キーがなぜか中国のサーバー経由で配信されたとの指摘が出ている。 04/08 07:51

Mozillaは3日、2件のゼロデイ脆弱性を修正したFirefox 74.0.1およびFirefox ESR 68.6.1をリリースした。 04/05 17:17

Googleは3日、人々の行く場所と滞在時間がCOVID-19感染拡大でどのように変化したのかをまとめた報告書「COVID-19 Community Mobility Reports」を公開した。 04/05 17:10

Microsoftは3月31日、同社製WebブラウザーのTLS 1.0/1.1デフォルト無効化を延期すると発表した。 04/04 20:13

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛を受けて、オンラインでのミーティングを行えるビデオチャットサービスが注目されている。 04/03 20:35

楽天が同社のオンラインモールに出店する事業者に対し一定金額以上の購入時の送料無料化を求めたことに対し出店者は反発しているが(過去記事)、出店者らによる団体「楽天ユニオン」の代表が楽天の出店者向けシステムにログインするためのIDとパスワードを日経新聞の記者に伝え、その記者が実際にシステムにアクセスした、という話が出ているようだ。 04/02 20:58

3月31日、プログラミング関連情報共有サイト「Qiita」を運営するIncrementsが、「ユーザー情報の取り扱い不備」について謝罪した。 04/02 20:53

コンピュータサイエンスに関する米国の学会ACM(Association for Computing Machinery)が、同学会の論文ライブラリであるACM Digital Libraryの6月30日までの無償解放(オープンアクセス化)を決めた。 04/02 09:46

オンライン会議システムとして最近利用例が多い「ZOOM」だが、このZOOMのiOSアプリがアプリ起動時にユーザーに無断で情報をFacebookに送信していたという。 03/31 18:45

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告