1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 和田光生(1)

和田光生のニュース一覧

ひまわり黄砂監視画像の表示イメージ。(画像: 気象庁の発表資料より)

新たな黄砂対策として、気象衛星ひまわりによる黄砂監視画像が、気象庁のホームページで提供されるようになる。 01/25 11:20

今回の研究成果から予想されるモデル図(画像: 神戸大学の発表資料より)

神戸大学バイオシグナル総合研究センターは、アミノ酸代謝酵素の一つであるD-アミノ酸酸化酵素(DAO)が、活性酸素種(ROS)を発生させることによって、細胞の老化を促進させることを解明した。 01/24 11:45

使用済みのコーヒー(コーヒー粕)で、土壌を消毒する技術が農研機構によって開発された。 01/12 11:12

ストレスによるがん細胞死のブレーキ役として働く「S1P-aPKCシグナリング」。(画像: 神戸大学の発表資料より)

がん細胞には死を回避するメカニズムが存在する。 01/09 11:50

肝臓が急速に再生される仕組み。(画像: 東北大学大学院などの発表資料より)

肝臓は脳からの自律神経による信号が肝臓内の免疫細胞を刺激し、再生を促進する。 12/17 09:07

国立がん研究センターは15日、がんと診断される患者数の予測(がん統計予測)が2018年、100万人を超えると発表した。 09/16 11:48

(画像: 京都大学の発表資料より)

80年以上前に存在は予言されていたものの、それを証明することができなかったマヨラナ粒子の存在が、世界で初めて証明された。 07/15 10:04

画像はイメージです。

人類の進化が、降水量の大規模な変化によって大きく影響した可能性があることを明らかになった。 07/12 09:21

マウスに自然環境の音を聞かせながら飼育することによって、平均寿命が最大17%延びることが世界で初めて発見された。 05/24 08:34

遺伝子を操作する技術、ゲノム編集を用いた実験により、アルツハイマー病の発症の原因となるアミロイドβペプチド(アミロイドβ)の蓄積を抑制する遺伝的な欠失のパターンが発見された。 05/08 15:53

良質な抗体を作るプラズマ細胞が誕生する経路。(画像: 理化学研究所の発表資料より)

ウィルスや細菌(病原体)から感染を守るための抗体が作られる経路が解明され、より効果の高い新しいワクチン開発への期待が高まっている。 04/22 08:15

伝送実験の写真。(写真: 発表資料より)

情報通信研究機構(NICT)のネットワークシステム研究所とフジクラは、既存の設備規格でケーブル化ができ、標準外径(0.125mm、3モード伝搬)の広帯域波長多重伝送が可能な光ファイバーを開発した。 04/10 17:25

ガンなどの病原体に対抗するために、生体防御システムの中で中心的な役割を果たす、記憶キラーT細胞の多用性が形成される仕組みが解明された。 04/06 11:40

高品質で高純度なヒトiPS細胞由来網膜神経節細胞の作製に成功し、緑内障の根本原因の解明を目指すことを、理化学研究所と東北大学の共同研究グループが発表した。 03/30 09:15

 1 2 3  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告