ホーム > ニュース一覧 > 最新(3)

最新(ページ 3)

エイシアンスタ Research Memo(3):21年12月期第2四半期累計の営業利益は大幅な黒字に転換

■業績動向 1. 2021年12月期第2四半期累計業績の概要 ASIAN STAR<8946>の2021年12月期第2四半期累計の連結業績は、売上高で前年同期比54.9%増の1,633百万円と大幅な増加に転じ、営業利益は59百万円、経常利益で65百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は38百万円と各利益は増益となり大幅な黒字に転換した。
09/21 15:23

エイシアンスタ Research Memo(2):横浜・川崎エリアで戸建分譲とマンション販売、不動産管理事業などを展開

■事業概要 1. 事業内容 ASIAN STAR<8946>の事業セグメントは、不動産販売事業、不動産管理事業、不動産賃貸事業、不動産仲介事業、投資事業の5つの事業セグメントで開示されており、2021年12月期第2四半期累計の売上高構成比で見ると不動産販売事業が50.0%を占める主力事業となっており、次いで不動産仲介事業が19.0%、不動産管理事業が17.3%を占めている。
09/21 15:22

エイシアンスタ Research Memo(1):横浜と上海を中心に事業展開する不動産会社、21年12月期は黒字の見込み

ASIAN STAR<8946>は、1979年に神奈川県で創業した不動産会社で、創業以来長年に渡って自社マンションブランド「グリフィンシリーズ」の開発・販売を主力事業とする不動産販売ビジネスを展開してきたが、現在は収益、居住用マンションの販売、不動産管理及びその関連事業を行う総合不動産サービス企業へと転換してきた。
09/21 15:21

サイバーコム Research Memo(8):成長投資と業績水準のバランスを見ながら安定配当を継続していく方針

■株主還元策 サイバーコム<3852>は配当の基本方針について、「将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、『安定した配当』を継続して実施していく」としている。
09/21 15:18

サイバーコム Research Memo(7):3ヶ年中期計画では収益性を維持しながら持続的成長を目指す

■今後の見通し 2. 3ヶ年中期計画 サイバーコム<3852>は、3ヶ年中期計画「サイバーコムビジョン2023~増収増益の継続~」を2021年度からスタートしている。
09/21 15:17

サイバーコム Research Memo(6):コロナ禍の影響を見極める必要があることから、期初計画を据え置く

■今後の見通し 1. 2021年12月期業績見通し サイバーコム<3852>の2021年12月期の業績は、売上高で前期比5.3%増の14,400百万円、営業利益で同2.7%増の850百万円、経常利益で同0.8%増の850百万円、当期純利益で同4.2%増の572百万円と期初計画を据え置いた。
09/21 15:16

サイバーコム Research Memo(5):ソフトウェア開発事業、サービス事業ともに伸長し、会社計画を上回る増収増益

■業績動向 1. 2021年12月期第2四半期累計業績の概要 サイバーコム<3852>の2021年12月期第2四半期累計の売上高は前年同期比8.2%増の7,423百万円、営業利益は同28.1%増の537百万円、経常利益は同26.6%増の542百万円、四半期純利益は同40.5%増の371百万円と半期ベースで過去最高業績を更新し、期初会社計画に対しても売上高、利益ともに上回って着地した。
09/21 15:15

サイバーコム Research Memo(4):通信分野における高度な技術開発力を基盤とした高品質サービスが強み

■会社概要 3. サイバーコム<3852>の強みと主要顧客、事業リスクについて (1) 同社の強み 同社の最大の強みは、創業来培ってきた通信分野を基盤とした高度な技術開発力と、高品質なサービスを提供していることが挙げられる。
09/21 15:14

サイバーコム Research Memo(3):ソフトウェア開発事業が売上高、利益の約8割を占める収益柱

■会社概要 2. 事業概要 サイバーコム<3852>は、ソフトウェア開発事業とサービス事業を主力事業として展開しており、その他にファシリティ事業(不動産賃貸)を行っている。
09/21 15:13

サイバーコム Research Memo(2):SIサービスや自社プロダクト販売などサービス事業へと領域を拡大

■会社概要 1. 会社沿革 サイバーコム<3852>の創業は1978年12月で、宮城県仙台市にコンピュータメーカーのシステム開発を主体として設立された。
09/21 15:12

サイバーコム Research Memo(1):ソフトウェア開発事業の伸長と経費抑制効果により、計画を上回るペースで進捗

■要約 サイバーコム<3852>は、富士ソフト<9749>を親会社とするシステム開発会社で、通信分野で培った技術力を基盤としたソフトウェア開発事業を主力に、SIサービスや自社開発プロダクトの販売などサービス事業も展開している。
09/21 15:11

ハウスドゥ Research Memo(8):配当性向30%以上を基本水準とする

■株主還元策 ハウスドゥ<3457>は成長企業だが、配当金による株主還元を重視している。
09/21 15:08

中国経済の路線変更は世界経済に重大な影響を及ぼす可能性

*15:07JST 中国経済の路線変更は世界経済に重大な影響を及ぼす可能性。
09/21 15:07

ハウスドゥ Research Memo(7):成長強化事業への積極的な投資効果により、2022年6月期も増収増益を見込む

■今後の見通し 1. 2022年6月期の業績見通し 2022年6月期における日本経済は、新型コロナウイルスワクチン接種が進み、経済活動は回復していくものと見られているものの、変異型ウイルスによる感染再拡大やウッドショックの影響など、依然として先行き不透明な状況にある。
09/21 15:07

ハウスドゥ Research Memo(6):2021年6月期は売上高が過去最高更新、経常利益は前期比46.4%増(2)

■ハウスドゥ<3457>の業績動向 2. 財務状況と経営指標 (1) 財務状況 2021年6月期末の資産合計は57,306百万円と前期末比3,063百万円増加した。
09/21 15:06

ハウスドゥ Research Memo(5):2021年6月期は売上高が過去最高更新、経常利益は前期比46.4%増(1)

■業績動向 1. 2021年6月期の業績概要 (1) 業績概要 ハウスドゥ<3457>の2021年6月期の連結業績は、売上高が前期比18.7%増の39,037百万円、営業利益が同36.7%増の2,589百万円、経常利益が同46.4%増の2,514百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同56.9%増の1,616百万円となった。
09/21 15:05

東京為替:ドル・円は失速、日本株の下げ幅再拡大で

21日午後の東京市場でドル・円は失速し、109円50銭付近にやや値を下げた。
09/21 15:04

ハウスドゥ Research Memo(4):リバースモーゲージ保証事業を第三の柱に育成(2)

■事業概要 (2) 高齢者の資金需要に対応する「不動産+金融」サービス 高齢者は「住宅」という資産を所有しているものの、収入と支出が低水準にとどまっている。
09/21 15:04

ハウスドゥ Research Memo(3):リバースモーゲージ保証事業を第三の柱に育成(1)

■ハウスドゥ<3457>の事業概要 1. 事業セグメント別売上高及び利益構成 2021年6月期の売上高39,037百万円のうち、セグメント別内訳は成長強化事業が44.9%(うちフランチャイズ事業が8.4%、ハウス・リースバック事業が33.7%、金融事業が2.8%)、フローの労働集約型事業が55.1%(うち不動産売買事業が36.9%、不動産流通事業が5.8%、リフォーム事業が6.9%、子会社の小山建設グループが5.4%)であった。
09/21 15:03

日経平均大引け:前日比660.34円安の29839.71円

日経平均は前日比660.34円安の29839.71円(同-2.17%)で大引けを迎えた。
09/21 15:02

ハウスドゥ Research Memo(2):フランチャイズチェーン網を活用し、不動産業界初のソリューションを次々と展開

■会社概要 1. 沿革 ハウスドゥ<3457>は1991年に京都府で創業し、自社で培った不動産売買仲介事業のノウハウをベースに、2006年にフランチャイズ事業を開始した。
09/21 15:02

ハウスドゥ Research Memo(1):俊敏な企業活動と強みを生かし、2期連続の大幅増益を目指す

■要約 ハウスドゥ<3457>は、不動産売買仲介における日本最大のフランチャイズチェーン網を生かして、顧客ニーズを的確に捉えた業界初のサービス・事業を次々と開発・商品化し、市場に浸透させることに成功している。
09/21 15:01

東京為替:1ドル109円50銭台、ING、中国恒大に政府支援の可能性も

午後の東京外為市場でドル・円は1ドル=109円50銭台で推移。
09/21 14:51

出来高変化率ランキング(14時台)~上場ダウH、ダイセキソリュなどがランクイン

※出来高変化率ランキングでは、直近5日平均の出来高と配信当日の出来高を比較する ことで、物色の傾向など市場参加者の関心を知ることができます。
09/21 14:48

Crypto.comの暗号資産保険の総額、業界最大級の7.5億ドルに拡大【フィスコ・ビットコインニュース】

*14:47JST Crypto.comの暗号資産保険の総額、業界最大級の7.5億ドルに拡大【フィスコ・ビットコインニュース】。
09/21 14:47

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8  次へ進む