千葉の柏の葉スマートシティ、2つの複合商業施設が順次オープン 12月4日から

2021年12月4日 08:04

印刷

4日から店舗が順次オープンする「KOIL LINK GARAGE by Mitsuifudosan」(三井不動産発表資料より)

4日から店舗が順次オープンする「KOIL LINK GARAGE by Mitsuifudosan」(三井不動産発表資料より)[写真拡大]

 公民学連携の街づくりを推進する「柏の葉スマートシティ」(千葉県柏市若柴など)のイノベーションキャンパス地区で、2つの複合商業施設が4日から順次、オープンする。地元の食材を生かした食物販店など個性豊かな約40の店舗が並ぶ予定で、近くを通る高速道路の利用者が立ち寄れるドライブスルー型店舗も登場する。

【こちらも】東京・日本橋川沿いに商業・オフィスの大規模複合施設、都が再開発組合設立を認可

 新たに登場する複合商業施設は、常磐自動車道柏インターチェンジから約1キロの国道16号線沿いにある「KOIL 16 Ichiroku Gate by Mitsuifudosan」と、つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅から歩いて約3分の位置の「KOIL LINK GARAGE by Mitsuifudosan」。ともにイノベーションキャンパス地区の入口に位置する。

 「KOIL 16 Ichiroku Gate by Mitsuifudosan」は、鉄骨2階建てなど計6棟(延べ約4,320平方メートル)で構成され、角地にデザインコンペで採用されたシンボルサインが設置された。出店する店舗のうち、ベルギービールのブルワリーやイタリア車販売店などが先行開業済みで、これらを含めて約20店が出店する。

 今後、開店するのは米ポートランド発のカフェ「Sweedeedee」、パンの「味輝天然酵母パン」、サラダレストラン「Crisp房の駅」など。

 「KOIL LINK GARAGE by Mitsuifudosan」は鉄骨2階建ての店舗棟、鉄骨平屋建ての独立棟、5層6段の駐車場棟で構成され、延べ床面積が9,535平方メートル。輸入チーズの「ラ・マリニエール柏の葉店」、米ポートランド発で日本初出店となる「バンクサンドイッチ柏の葉キャンパス店」、食育スクールの「青空キッチン」など約20店が出店する。

 柏の葉スマートシティは東京大学、千葉大学など国内屈指の研究機関が集まる知の拠点。AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などを駆使した先端都市を目指し、自治体、大学、民間企業などが連携して開発が進められている。(記事:高田泰・記事一覧を見る

関連キーワード

関連記事