1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > 教育
  5.  > 千葉大学(1)

千葉大学のニュース一覧

新型コロナウイルス感染症は世界的に猛威を振るっており、どの国も自国の対応で精一杯な状況が続いている。 04/22 12:19

研究グループが提案したモデルの概要(写真:東京大学の発表資料より)

「宇宙線」と呼ばれる高エネルギーの粒子が地球に飛来しているが、起源となる「種」の生成メカニズムは40年近くも謎だった。 02/22 19:13

袋培養(左)と月面農場(中央)のイメージ(画像はキリンホールディングスの発表資料より)

キリンホールディングス(東京都中野区)は5日、同社が開発した栽培法を使った産学連携の共同研究により、宇宙に近い環境で植物を栽培することに成功したと発表した。 12/06 09:46

破裂済みの卵胞から卵子を回収する流れ(写真:千葉大の発表資料より)

千葉大学は7日、排卵済みの卵胞から回収した卵子から、高確率で体外受精に成功したと発表した。 11/09 18:15

今回の研究の概要。(画像: 東京農工大学の発表資料より)

東京農工大学の研究グループは5日、多価不飽和脂肪酸が腸内細菌により新たな脂肪酸に変えられ、それが人の代謝に影響を与えて肥満しにくくすることを発見し、その仕組みを解明したと発表した。 09/10 12:18

ホソバルピナス(a)と、シロイヌナズナ(b)(画像: 千葉大学の発表資料より)

千葉大学、理化学研究所、かずさDNA研究所からなる植物分子科学の研究チームが、植物の代謝進化を科学的に再現することに成功した。 08/07 09:35

2種類の菌による効果試験の結果。(画像: シャープの発表資料より)

シャープは22日、同社が開発した独自の空気浄化技術プラズマクラスターに、水虫の原因となる白癬菌を抑制する効果があることを実証した発表した。 07/23 08:17

遺存植物のうち東アジア固有属の確認種数。水色の線は夏季モンスーン(湿潤気候)の限界。Tang et al. (2018)より引用。(画像:千葉大学発表資料より)

イチョウが「生きた化石」と呼ばれる存在であることをご存知だろうか。 10/29 11:33

日本付近での2018年7月の地表面温度の異常値の空間分布。(写真:千葉大学の発表資料より)

千葉大学は18日、人工衛星Aquaから観測したデータをもとに、日本の多くの地域で7月の地表面温度が過去17年間で最も高いことを検出した。 09/21 16:12

アラスカで観察された赤雪現象。(画像:国立環境研究所発表資料より)

雪氷藻類という光合成を行う微生物がいる。 08/12 17:40

骨髄や血管内の生体内において、乱流が発生しているときに巨核球から血小板が生成されて いることが分かった。それを応用して生体外で発生させる縦型培養装置を開発し、物理パラメータを適合させることによって、1千億個以上の血小板を作製することに成功した。(画像:日本医療研究開発機構発表資料より)

血小板は輸血において欠かせないものである。 07/16 06:57

ニュートリノから特定された放射源となる天体「ブレーザー」とその周辺画像(写真:広島大学発表資料より)

宇宙から飛来するニュートリノとガンマ線の検出により、ニュートリノの放射源となる天体を突き止めることに成功したと、千葉大などの研究グループが13日に発表した。 07/14 21:45

「MakeCode×micro:bit 100プロジェクト」のロゴ。(画像: マイクロソフト)

日本マイクロソフトやインテル、富士通などが参画する業界団体、ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(WDLC)は13日、学校のプログラミング教育を応援するプロジェクトを開始すると発表。 06/14 10:59

「ちば医経塾」のパンフレット。(画像: 発表資料より)

千葉大学医学部附属病院と、資格の学校「TAC」は、医療の特殊性を理解し経営マインド・マネジメントスキルを持つ人材を育成するため、千葉大学が実施する履修証明プログラム「ちば医経塾~病院経営スペシャリスト養成プログラム~」を今年の5月から千葉大学にて開講する。 05/14 11:58

 1 2  次へ進む

広告