100年前に絶滅したと思われていたガラパゴスゾウガメ、実は存続

2021年5月28日 09:06

印刷

記事提供元:スラド

ガラパゴス諸島で、1世紀余り前に絶滅したと考えられていたガラパゴスゾウガメが、遺伝子解析の結果、現在も存続していたことが判明したそうだ。存続していたのはフェルナンディナゾウガメ(学名:Chelonoidis phantasticus)で、遺伝学者らが2019年に見つかった雌のカメのDNAと1906年に雄のフェルナンディナゾウガメから採取した検体を比較。その結果、フェルナンディナゾウガメがすでに絶滅したと思われていたガラパゴスゾウガメの一種であることが判明したとのこと(AFPBB News)。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | バイオテック | サイエンス

 関連ストーリー:
ツシマヤマネコの人工繁殖に国内初の成功。横浜ズーラシア 2021年03月30日
高級Androidタブレット市場へひさしぶりの新製品、NEC PCから 2021年01月21日
ギャルに人気の『レインボー朱肉』での押印、実は法務局はOK 2021年01月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード遺伝子DNA

関連記事