SpaceX、同じロケット第1段で9回の打ち上げと回収に成功

2021年3月20日 17:55

印刷

記事提供元:スラド

SpaceXは14日、Falcon 9ロケットによるStarlink衛星打ち上げミッションをケネディ宇宙センターLC-39Aで実施した(打ち上げ情報The Vergeの記事動画)。

打ち上げが行われたのは日本時間14日19時1分。約1時間5分後にStarlink衛星60基を軌道に投入して打ち上げは成功した。Falcon 9ロケット第1段は打ち上げから約8分後に大西洋上のドローン船「Of Course I Still Love You」へ着陸し、回収も成功している。

今回のFalcon 9ロケット第1段は2019年3月のCrew Dragon無人テストフライト「Crew Demo-1」ミッションをはじめ、2019年6月のRADARSATコンステレーションミッション、2020年12月のSXM-7ミッションのほか、今回を含めて計6回のStarlinkミッションで使われており、合計9回の打ち上げと回収に成功したことになる。他のFalcon 9ロケット第1段でも既に8回の打ち上げ・回収に成功しているものがある。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 通信 | 宇宙 | IT

 関連ストーリー:
SpaceX、同じロケット第1段で7回目の打ち上げと回収に成功 2020年11月28日
SpaceX、同じロケット第1段で6回目の打ち上げと回収に成功 2020年08月20日
SpaceX、同じロケット第1段で5回目の打ち上げと回収に成功 2020年06月06日
SpaceX、国際宇宙ステーションへのクルー輸送に向けた無人テストフライトの打ち上げに成功 2019年03月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロケットSpaceXFalcon 9

関連記事