アウトソシング 2月半ばの大陰線を吸収する形

2021年3月4日 08:50

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:50JST <2427> アウトソシング - -
25日線を支持線としたリバウンド基調が続いており、直近の上昇で2月半ばの大陰線を吸収する形で昨年来高値を更新している。週間形状では13週線から上放れてきており、トレンドが一段と強まりやすいだろう。2月半ばの戻り高値1698円から直近安値1414円の下落幅をリプレイスしたテクニカルターゲットは1982円となる。《FA》

関連記事

広告