曙ブレーキ 急落、検査データ改ざんなどの不正行為発覚を発表

2021年2月17日 13:28

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:28JST 曙ブレーキ---急落、検査データ改ざんなどの不正行為発覚を発表
曙ブレーキ<7238>は急落。国内工場で製造するブレーキとその部品で検査データの改ざんなど約11.4万件の不正行為があったと発表している。そのうち、自動車メーカーと取り決めた基準値に達しなかったものは約5000件あったもよう。不正は少なくとも2001年からあったようだ。同社は事業再生ADRが承認されて経営再建の途中にあり、先行きへの警戒感があらためて強まる状況になっている。《YN》

関連記事

広告

財経アクセスランキング