京都・醍醐寺が宇宙に寺院開設へ、人工衛星に寺機能

2021年2月3日 16:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

京都にある醍醐寺が宇宙に寺院を開設するそうだ。京都大学発の宇宙ベンチャー「テラスペース」が2023年に打ち上げ予定のIoT人工衛星に寺の機能を持たせるという。ペイロードの半分が宇宙寺院となり、本尊となる大日如来像や曼荼羅が乗せられる模様(テラスペース醍醐寺Facebook)。

寺の名称は「浄天院劫蘊(ごううん)寺」となるとしている。すでにWebページは用意されている。京都新聞によると「劫」「蘊」ともに仏教上の言葉だそうで、大きな時間の流れや、人間の存在を形成する要素を意味するそうだ。なお醍醐寺は8日、宇宙の平和と安全を祈る「宇宙法要」を初めて行う予定とのこと(京都新聞ITmedia)。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
徳島県の平等寺、リモート初詣で参拝客が約130倍に。コーディングは住職自身 2021年01月19日
高山寺の賽銭から現代貨幣で「雨乞い銭」が発見される 2020年11月27日
大阪・四天王寺が「聖徳太子以来初」という閉鎖を決める 2020年04月13日
廃墟化していた淡路の「世界平和大観音像」、国の所有物となったことから解体へ 2020年04月04日
スマホさい銭「全く受け入れられず」、賽銭箱に入れる体験が欲しいとの声 2019年09月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebook京都大学IoT(Internet of Things)

関連記事

広告