ソニー、クリエイター向け高性能スマートフォン「Xperia PRO」発表

2021年1月28日 20:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

ソニーが報道カメラマンや映像クリエイター、YouTuberなどプロフェッショナル向けとするスマートフォン「Xperia PRO」を発表した。HDMI入力(microHDMI)を持ちモニターとしても利用可能な点が最大の特徴。同日に発表されたα1などの一眼カメラの外部モニターやズーム操作用のコントローラーとしても活用できるという(ソニーPC WatchITmedia)。

約6.5インチサイズの4K HDR対応有機ELディスプレイ(3840×1644ピクセル)を備えており、HDR 60p/10bitの入力にも対応している。ちなみにお値段は税別で22万8,000円前後になるとしている。税込みだとほぼ25万円になる。

スマートフォンとしても、ミリ波に対応した5G通信が可能なほか、5Gなどに対応した通信機能を使用し、YouTubeやStreamYard、StreamLabsなどでライブストリーミング配信するといった利用方法も可能だとしている。SoCは「Snapdragon 865 5G Mobile Platform」を採用。メインメモリの容量は12GB、ストレージに関しては512GB。バッテリー容量は4000mAh。

あるAnonymous Coward 曰く、 ソニーは、「プロフェッショナルデバイス」と銘打った高性能スマートフォン「Xperia PRO」を発表した。

5Gの安定した通信、世界初のHDMI入力対応、デジタルカメラ等の外部モニター、こうした機能を使った撮影中のデータのストリーミング配信等が特徴。

詳細は、商品化の報道発表製品ページを参考にどうぞ。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | ハードウェア | Sony | 携帯電話 | 携帯通信

 関連ストーリー:
ソニー、8K30p動画に対応したフラッグシップカメラ「α1」を発表。お値段90万円前後 2021年01月27日
ソニー、3.5mmオーディオジャックを搭載する5G対応のXperia 5 IIを発表 2020年09月19日
ソニー、スマートフォン「Xperia」シリーズ上級3機種のSIMフリー版を一挙に発表 2020年08月21日
au、5Gサービスを3月26日より開始 2020年03月23日
ソニーモバイル、同社初の5G対応スマートフォン「Xperia 1 II」を発表 2020年02月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソニー一眼レフカメラXperiaSnapdragonYouTube有機EL

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース