ソフトバンクが月額2980円・20GBのahamo対抗プラン発表 LINE使い放題が特徴

2020年12月22日 17:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

ソフトバンクは22日に記者会見を開き、ドコモの「ahamo」に対抗する新たな料金プランを発表した。新料金プランはahamoと同様にオンライン専用の新ブランド「SoftBank on LINE」から提供されるという(ソフトバンク[PDF]ITmedia)。

月額2980円で月間のデータ容量は20GBとなる。サービス開始はLINEがYahoo!と経営統合する3月を予定しているとのこと。また4Gと5Gに対応し5分以内の国内通話に関しては回数制限なしで利用できる。20GBのデータを超過した後も最大1Mbpsの速度で通信できる、eSIMへの対応なども含めてahamoに類似した内容となっている。

独自の特徴としては、LINEのサービスがデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEがギガノーカウント」が付属している点。内容は確定していないようだが、リリースによればLINEトーク/LINE通話などのLINEサービスが使い放題となる模様。 

スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | ビジネス | 携帯電話 | お金

 関連ストーリー:
KDDIが発表した新料金プランが注目を集める。Twitterのトレンドにも入る 2020年12月10日
日本通信、ドコモのahamoに対抗し16GBで月額1980円のプランを発表 2020年12月07日
ドコモ、月額2980円でデータ容量20GBの新料金プラン「ahamo」を発表 2020年12月04日
KDDIが35年縛り !? スマホと住宅ローンのセット割を開始 2020年12月02日
KDDIやソフトバンクら28社、NTTのドコモ子会社化に異議を申し立てる意見書を提出 2020年11月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンクNTTドコモLINE

関連記事

広告